せんだい・みやぎから元気ビタミン発信中♪ 仙台っ子FPです!

お金のサプリとは?
  • 最新記事のRSS

  • サイトコンセプト ホームに戻る
    スポンサーサイト

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FP講師10年の結果

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    FP講師10年、累計1300名近い受講生に恵まれてきた。
    今月、これまで受託してきた会社の労働組合向けの
    ライフプランセミナーを実施した。

    対象は、35歳未満と35歳以上(50歳以下)の組合員(非管理職)の、
    それぞれに対する休憩込みで4時間のワーク付きセミナー。

    最近開発した「ライフプランの曼荼羅チャート」も活用してもらい、
    ・○○のために40歳までに課長になる
    ・○○のために健康を維持する
    ・○○のためにハーレーを買う
    ・○○のために35歳に住宅を購入する
    ・○○のために保険を見直し、家計管理を行う
    リアルな目標を設定する方が非常に多くいた。

    ○○のために・・・いわゆる動機づけ。
    目的と期限が明確な目標は、達成しやすい。
    20~50代のライフプラン作成の支援ツールは
    ほぼ完成をした感じである。

    問題は60代以上の相談業務だ。
    話を聞いているだけで気の毒になることもしばしば。
    明るい未来を示せない相談に価値を感じない。

    聞くだけで提案のない相談業務は
    もうリリース(卒業)の時期に達したのかもしれない。
    次のステージにいくためには。
    スポンサーサイト
    【開催報告】 なぜ、「健康」と「お金」は重要か?(ブラッシュアップ版)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    平成24年6月20日、生まれ故郷に凱旋し、「健康とお金の話」というお題で講演してきました。
    健康塾の50~80代の健康意識の高い方々(受講者36名)のエネルギーは、本当に凄かった!

    昨年10月末の仙台の講演とほぼ同等ですが、禁煙後の健康にまつわる話で、
    自己満足ですが、自分自身前回よりもパワーアップできた感じがしました。
    成長を感じられて、幸せだぜぇ~(ワイルド風)!!


    なぜ、「健康」と「お金」は重要か?

    誰もが重要なのは分かっている「健康」と「お金」のこと。
    深く掘り下げていくと、意外で面白い共通点があったとは。

    そして、「○○」を生活にプラスするだけで、生活習慣が変えられるのです。
    しかも、楽しく継続できるから、習慣化され、自分を変身させることができるのです。

    ≪主な内容:長寿リスクと向き合った「健康・お金」との付き合い方≫
    (1)人生50年から80年超時代へ突入、平均寿命と健康寿命の差(要介護期間)は約10年
    (2)健康寿命を延ばすメリットは「お金・時間」を医療・介護に使わず好きなことに使える
    (3)健康管理三本柱(運動・栄養・休養)の重要性、「手」は脳の支店となる(箸、爪切り)
    (4)「地域包括ケアシステム」により「医療・介護・介護予防・住まい・生活支援」が充実
    (5)医療費が高額にかかったら「高額療養費(健康保険)」「医療費控除(確定申告)」を活用
    (6)生きること=消費(買い物)=投票行動、買い物は認知機能(勘定=感情)を鍛える
    (7)支出の見直しは家計簿(記録)が最適、定年後は貯金よりも「貯筋」に対する努力を!
    (8)気づき・発見を記録、見返してメリットを見つける(楽しく取り組める継続の仕組み)
    (9)人間の特権は自己決定「好奇心や願望」、取り組むポイント「学習力・楽観視・達成感」
    (10)生活の質を高めれば幸せをより実感できる、それを叶えるのが「健康・お金」の持ち味



    「健康寿命」=「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」の重要性が
    問われる今、平均寿命と健康寿命の差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味し、
    2013年度からの「第二次健康日本21」でも中心的な課題となっています。

    さぁ、何のために健康寿命を手に入れましょうか?
    【開催報告】 住まいと暮らしのセミナー(講演概要)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    これまで「健康とお金」のエキスパートを目指した活動をしてきましたが、
    このほど、2012年5月28日(13:00~15:00)仙台市情報・産業プラザ 情報化研修室)にて
    少しばかり畑違いの「住まいと暮らし」に関する講演(参加者15名)を行いました。

    当初は、住宅購入の経験があるので、楽勝と思っていましたが・・・、
    東日本大震災後の住まいの価値基準、イマドキのエコ住宅、戸建て事情の変化など
    購入当時(2009年)と違うことが多々あり、てこずりながらも資料作成を進めました。

    結果的に、自分もエコ住宅が欲しくなるほど、十分に情報収集ができました。
    イマドキでは、マンションも太陽光パネルを搭載し、共用部分の電気を調達し、
    さらには蓄電や売電にも対応するなど、耐震仕様だけでない優れた性能に驚きです!
    早く住宅ローンを終わらせて、住み替えを検討したいですね(笑)。



    さて、「住まいと暮らし」に関する講演は、以下の3つのテーマを設定しました。
    (1)「住宅購入にかかわる住宅ローンの基本」
    (2)「住まいを守る法制度、住まいの危機管理」
    (3)「時代に左右されない主体的なプランニング」

    それぞれの内容は、基本的な確認が多くありますが、一番伝えたかったことは、
    私たちの暮らしは住まいを中心に、たくさんの幸せのカタチを見つけられることです。
    賃貸や購入は単なる形式に過ぎず、住まいに何を求めるかで、住まいのあり方が決まります。

    あなたにとって、住まいとは何ですか?
    今の住まいをより快適にするには、何が必要ですか?



    ■ テーマ(1)「住宅購入にかかわる住宅ローンの基本」
    ⇒ 人生三大資金「教育」「住宅」「老後」のバランス感覚
    ⇒ 住宅購入に係る金利などの金銭的なメリット、それ以外には?
    ⇒ 購入vs賃貸、戸建てvsマンション 損得ではなく
    ⇒ 購入価格の内訳、利息を含めた取得総費用は?
    ⇒ 自己資金は頭金+諸費用、そして当面の生活費
    ⇒ 売買契約時に気をつけておきたいポイントは?
    ⇒ 自己資金の捻出、家計簿で未来予測を、贈与の検討は?
    ⇒ 借入金=元金+利息(利息↓=元金↑×借入期間↓×金利↓)
    ⇒ 借り方(固定、変動、固定金利選択、ミックス)
    ⇒ 変動金利型の金利変動リスクを正しく理解しよう!
    ⇒ 住宅ローン返済の適正額「年収負担率25%」「手取りの30%」
    ⇒ 住宅ローン控除は忘れずに確定申告を、嬉しい臨時ボーナスに
    ⇒ 住宅ローンのメンテナンス「繰上げ返済」と「借換え」

    ■ テーマ(2)「住まいを守る法制度、住まいの危機管理」
    ⇒ 安心して取得できる法制度、購入時は要チェック
    ⇒ 被災者支援制度(公助)、地震保険加入のポイント(自助)
    ⇒ スマートハウスへの優遇(時限措置)、タイミング
    ⇒ 建物・家庭内の災害対策チェック
    ⇒ 資産管理は定期的なメンテナンスが重要、そして家族も安心

    ■ テーマ(3)「時代に左右されない主体的なプランニング」
    ⇒ 社会的な要素とは、個人ではどうしようもできない社会的なこと
    ・超高齢社会において家計負担は増加
    ・生活必需品と贅沢品の仕分け(家計簿)
    ・地域包括ケア、サービス付き高齢者向け住宅
    ・マイナンバー制度、社会保障カード(仮称)
    ⇒ 主体的な要素とは、「時間」と「お金」をコントロールできること
    ・人生80年超、老後の時間の過ごし方
    ・三領域「生きがい」「健康」「経済」
    ・健康寿命(介護にお金と時間を使わないこと)
    ・健康管理三本柱「運動」「食事」「休養」
    ・ライフプラン(時間管理)とマネープラン(お金管理)の重要性

    「住まい」は、「健康」にも密接に関わりがありました。
    自分自身も改めて「住まい」の重要性を再確認でき、ますます頑張っていけそうです!
    ではまた。
    【開催報告】 なぜ、「健康」と「お金」は重要か?(講演概要)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    平成23年10月30日、せんだいメディアテークにて、ふぁるま・ねっと・みやぎ設立7周年記念フェアにお招きいただき「健康とお金の話」というお題で、ゲスト講演をいたしました。

    お越し下さいました皆様、本当にありがとうございました。
    60~70代の方々が多い中、健康に対する意識の高いあなたが来てくれて嬉しかったです!



    ≪当日の講演日程≫
    ★特別講演(13:00~14:00)「命の不思議と尊厳」
    (財)宮城県成人病予防協会 会長吉永馨氏

    ★健康を考える(14:00~16:00)の一コマでお話
    持ち時間は、14:40~15:20の40分間、フルに時間をいただきました。

    各専門家の「健康寿命」や「ノルディックウォーキング」などのお話とコラボ出来て、
    本当に楽しかったです。自分自身に感化されてしまい、新たな目標まで設定しちゃいました!
    自己満足ですが、この1ヵ月間本気で考え抜いたので、その結果良い講演ができました!



    自分をも変える講演は、以下のような内容です。ホントしびれました。

    2011.10.30 ふぁるまねっとセミナー


    なぜ、「健康」と「お金」は重要か?

    誰もが重要なのは分かっている「健康」と「お金」のこと。

    深く掘り下げていくと、意外で面白い共通点があったとは。
    そして、「○○」を生活にプラスするだけで、生活習慣が変えられるのです。
    しかも、楽しく継続できるから、習慣化され、自分を変身させることができるのです。

    私自身、講演に際しての1ヵ月は、人生の大きな転機を迎えました。
    なぜ今自分がここにいるのか? 人口1/70億の確率で、なぜあなたに出会ったのか?

    そしてこの1年は、35年間の人生の中で、最も充実した期間になりました。
    1級FP技能士、CFPという資格取得に向けた取り組み、そして素敵な出会い。
    本気になれる自分を、生まれて初めて感じました。素敵な自分との出会い。卓球復活も!

    東日本大震災もまた、大きな転機だったと思います。
    なんでもありふれた日常。欲しいものは何でも手に入る不自由のない生活。
    生まれて初めての不安な日々を数日間を感じました。5kg痩せましたしね。

    なぜ、あのとき不安を感じたのかを自分なりに考察していくと、
    「見通しがたてられない」という気持ちがあったことを思い出しました。
    求めていたのは、将来の見通しよりも、将来の見通しがつくことで得られる
    「いま」の安心感であることに気づきました。



    そこで重要になるのは、今の安心感を何で得るかです。

    残念ながら、世界や日本経済・財政の不安定な情勢の中で、
    明るい兆しを外部環境からは得られにくい状況です。

    私的な答えとしては、生きがいや自分らしさをベースとする思考へシフトした
    自分軸を確立した生き方が最良ではないかと考えます。

    この1年貫いた、いつ死んでも良い生き方は今後も貫くでしょう。
    私の生き方が、私の逝き方に。そして、いつでも本気です。
    第二次東日本大震災が来ても怖くない。人生やったもん勝ちです!!

    本気があれば、なんでもできる!(アントニオ猪木風に)
    そう感じている今日この頃のわたくしであります。



    ▼ 講演でお伝えしたこと
    ★「健康・お金」の価値は本人次第。どのように意味付けをするかで変わる!
    ★ 将来の「健康・お金」の備えができれば、今生きることに熱中(青春)できる!
    ★ その心の拠り所になるのは、「生きがい」を実現しようとするご自身の願望や好奇心です!


    ▼ 主な内容
     ⇒ 「健康」と「お金」の意外な共通点とは?
     ⇒ 人生(生活)の質を高める「三つの要素」とは?
     ⇒ 時代の大きな変化がたらした、生活習慣と意識の変化とは?
     ⇒ 豊齢時代の新たな課題! 平均寿命と健康寿命の差とは?
     ⇒ 健康寿命を延ばす秘訣!「○○管理三本柱」とは?
     ⇒ 高齢者が進化するそのバロメーターとは?
     ⇒ ストレスと上手に付き合っていく基準とは?
     ⇒ 次世代を考慮した「社会保障・税一体改革」はなぜ必要?
     ⇒ 14年後の近未来、労働者も高齢者も大変な時代に?
     ⇒ 2025年を目指した新しい仕組み「地域包括ケア」とは?
     ⇒ 今、社会保障費と生活必需品が高騰傾向?
     ⇒ あなたならどうする? 暮らしの3つの防衛策とは?
     ⇒ 生きること=消費(買い物)は投票であり、立派な社会貢献?
     ⇒ 余計な支出を抑えるため、○○病の予防は重要?
     ⇒ 65歳以上で亡くなる原因とその割合、三大疾患のリスクとは?
     ⇒ 介護サービスを利用する割合と男女によって違う差?
     ⇒ 医療・介護費用が高額にかかって、なぜ安心できるの?
     ⇒ ますます進化する医療IT化、今後どうなる?
     ⇒ 民間の生命保険の「役割と機能」とは?
     ⇒ 民間の生命保険のそもそもの「加入目的」とは?
     ⇒ 気づきを見える化すれば、生活の質と行動が変わる?
     ⇒ 仲間づくりのヒント、趣味を3つ持つ理由とは?


    一部時間の関係で割愛もありましたが、「いま」を生きるヒントをお伝えしました。

    FPの教科書には「ライフプランに基づき、ライフデザインとマネープランの
    将来の見通しがたてば、安心ですね」っていうお手本的なフレーズがありますが・・・、

    私なりに補足すれば、ライフプランは「将来」の安心感を手に入れるのが目的ではなく、
    「いま」安心した生活を手に入れるために、「将来」の展望が必要な要素になっている
    のだと考えます。



    結局のところ、ある程度は人生の「逆算」と「冒険」があった方がいいのかな!?
    これが「いま」の自分なりの人生に対する考えです(笑)。


    住宅リフォームフェアin仙台の相談ブースにFP参上!

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    リフォーム産業新聞社に感謝!
    毎年恒例の住宅リフォームフェアin仙台が1月23日?24日に、夢メッセで開催されました。
    今回はそのフェアで、FP相談会を実施しました。
    関係者の皆様 大変お世話になりました。本当にありがとうございました!!

    住宅リフォームフェア2010



    相談ブース設営の裏話!
    初日はブース準備に何かと不備が生じ、「何のブース?」「FPの家?」って感じ^^;

    相談ブース(前)

    リフォームフェアだけに、ブースも初日の反省を踏まえ、大改造 before after♪
    TVのナレーションっぽく「まぁ?なんていうことでしょう! 匠の技によって劇的に変身!」
    なんて感じになったと思いません?

    相談ブース(後)



    FPの相談にどれだけ魅力があるのか?
    そもそもリフォームに興味がある方の集まるフェア。リフォームにはお金がかかる!
    そうですね、FP(ファイナンシャルプランナー)が関われる所はテンコ盛りです!

    『暮らし』と『お金』の『○○』相談は、FPがしっかり解決していかないっと!
    『○○』には、個々のWantsやNeedsが当てはまります。
    あなたの『○○』はなんですか?

    衣食住はじめ娯楽等の「生理的な欲求が」満たされ、
    次は「安全の欲求」がターゲットに! 「マズローの欲求5段階説」が参考になりますね。

    人によっては、「安全の欲求」の現実から眼をそむけて、
    下位を疎かにして上位の「自己実現」を目指す方も最近多いような気も(現実逃避かな?)。



    気になる相談件数は!?
    24日は11組の方にご相談にきていただきました。そのうち座ってじっくり話された方は5組。
    少しでも参考にしていただき、今後の生活にお役立ていただければと思います。
    ライフプランニングの考え方を知ることで“今よりは”良い暮らしになることを信じています。

    そして、FPはお金・身体といったツール・情報の使い方だけでなく、
    どう活かしていくかまで踏み込んで提案していかなければなりませんね。
    ご相談者の方の表情を見る限りまだまだセミプロかな・・・。匠にならないと!



    仙台屈指のFPがセミナーに登場!
    今回フェアには、仙台リビング等でお馴染みの金融ジャーナリストの
    FP小野寺永吏さんがご講演をされました。

    セミナー講師 ファイナンシャルプランナー 小野寺永吏さん

    小野寺永吏さんは、ライターとしての執筆活動(著書一覧)だけでなく、
    こういった講演も得意としています。

    なんと! 月刊オフィスユー4月号(予告)にて、
    著書の「マネーの王子様」がプチ連載されるのです。漫画になるなんて、本当に凄い!!

    憧れからライバルへなんて目論見ながら、いつの日かコラボセミナーを打診したいものです♪
    内容もさることながら“伝え方”など、日々精進して頑張っていこうと改めて感じました。
    そして、FPがもっともっと皆の身近で活躍できるように、存在感を高めたいと感じました。

    新聞社の皆様 貴重な機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。
    そして、ご相談に来てくださった方々に感謝申し上げます。

    そうそう私事ですが、昨年末に住宅を購入したので実体験をもとに、
    次回以降はイマドキの住宅購入のエッセンスをお伝えできればと思います。ご期待を♪

    河北新報夕刊の掲載記事のご紹介(その3)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    こんにちは!暑い日が続きますね?!
    今回は、河北新報夕刊の掲載記事シリーズ「らいふ」の第三弾(最終稿)のご紹介です。



    この記事ってしょうちゃんのこと?
    このあいだ、知り合いのおばさんから言われました。
    確かに家族構成、サラリーマン、社宅(借り上げアパート)など・・・似ている。

    今回のテーマは、同世代が抱えている代表的なテーマだと思います。
    実際、友人や会社の同僚の悩み、そして私の部分も融合してまとめています。
    つまり、リアルな体験の総特集のような感じですね!(作り話ではありません)



    さて、今後の暮らしはどうなるのでしょうか?
    ガソリンの高騰はどこまで続くのでしょうか?
    生活に関わる食料や物価上昇基調は、このまま続くのか?
    低金利を脱しようで脱していない、この状態はどうなるのか?
    生活費がかさめば、収支も変わります。



    あなたならどうしますか?
    (1)給料をあげて収入を増やしますか?
    (2)それとも節約して支出を減らしますか?
    (3)あるいは、運用してお金を増やしますか?

    わたしは、すべてを実践していきます!
    そして、それを多くの方々に伝えていきたいですね♪



    待てよ!順番は!?
    そもそも、お金を貯める目的から考えていかないっと!!
    それぞれの目的のゴールを設定して、運用にまわせる金額・期間を決めて、
    利回りを勘定して金融商品を選択。
    それにまわすために、収入を上げて、支出を抑える・・・こんな流れかな!?



    最後に、本題のことを少し。
    マイホームは夢です。いつかは欲しいと思っている方が多くいます。
    「それはなぜなのか?」
    いつしか記憶の中に「いつかはマイホーム♪」と刷り込まれたのでしょうか?
    私も漠然と欲しいと思っている方です!

    最近は、住宅の購入以外の選択肢も増えています。
    購入にとらわれず、住まいを考えることで、
    幸せのレパトリーが増える場合もあることを、今回お伝えしています。

    これまでのような「住宅購入」+「老後の生活」それぞれの準備が
    「住宅&老後の生活」という合体の選択肢、増えるかもしれませんね。
    ご参考にどうぞ!


    河北新報夕刊らいふ(2008.07.14)

    いつもありがとうございます♪
    河北新報夕刊の掲載記事のご紹介(その2)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    末、暑くて久しぶりに大量の汗をかきました!
    それで、かなり早く少々夏バテ感の仙台っ子FPです。情けない^^;

    て、今回は前回に引き続き、地元新聞の「河北新報」夕刊記事のご紹介です♪
    テーマは、ズバリ「教育費」!

    育費は、子どもがいれば一定の時期に必ずかかるもの。
    時期が決まっていれば、ある程度準備ができるものですが、
    じわりと支出するものもありますね。これが意外と家計を圧迫しているケースも・・・。

    (注意!)
    これはある事例のため、全く参考にならない方もいます。
    プランニングは十人十色ですから、ご理解いただきたいと思います。
    ただ、こういう考え方もあるということで、ご覧いただければ幸いです!


    河北新報夕刊らいふ(2008.07.07)
    河北新報夕刊の掲載記事のご紹介(その1)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    こんにちは♪
    昨日、そして今日も梅雨の晴れ間。とってもいい天気の仙台です!



    最近のFP関連の取り組みは、次第にかたちになりつつあります。
    点だった活動が、点と点を結び線になり、線同士が繋がって面になっています。

    そして、先輩FPとの触れ合いから、自分らしいFPスタイルが確立できそうな予感です。
    今日は、昨日、地元の新聞紙 『河北新報』 の夕刊に掲載された記事をご紹介します。

    『河北新報』 は、日経や朝日、毎日といった全国紙を大きく引き離し、
    宮城県の占有率70%弱を占める、地元では知らない人がいないほどの新聞紙です。

    夕刊は、あまり購読されていないかもしれませんが(^^;



    今回は、家計の体質改善に関する記事を寄稿しました。
    なかなか不透明なこの時代。まずは、家計の現状を知ることが大切だと思います。

    3回シリーズのため、今後もご紹介させていただきます♪


    河北新報夕刊らいふ(2008.06.30)
    ライフプラン研修のこれからの取り組み(思考中!)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    前回まで、いろいろとライフプラン研修にまつわる取り組みをまとめてみました。

    そして、仙台屈指のブロガーがらさんの「WORKers[ワーカーズ]-60億万分の1の生き方」ブログで展開する『WORKersビジネス討論会「リスクと収入」』で、ライフプランに関する話題が勃発しました!



    ライフプラン研修の必要を感じて・・・
    もともと『WORKersビジネス討論会「リスクと収入」』の発端は、takatakagoさんの「人生のリスクを軽減させるために大手の会社に就職し安定を図る」という問題提起から始まりました。takaさん本当にありがとう♪

    以下、ライフプラン研修の必要性を導いたコメントを順に引用します。該当するみなさんすみません。考えを整理するため、重要と感じた部分を抜粋させていただきました。



    ■仙台っ子FP
    人生のリスクは「生活できない=生活の破綻」だと思っています。それを防ぐため、そしてより良い人生を築くために、「ライフプラン作成」という考え方があります。

    ライフプラン作成の際、ライフイベント表やキャッシュフロー表、バランスシートといったツールを使ってシミュレーションを行います。ここで、人生にかかるお金が明らかになります。注意点としては、お金が中心ではなく、人が中心にあるという点です。



    ■リックルハングさん
    最低限の生活シミュレーションや、人生のリスク回避に「ライフプラン」の作成はもってこいのツールですね。これを真剣に作ってみると、誰しも何かしらの気付きがあります。
    「アレ、子どもが大学行ったら、ウチはヤバいゾ。」「この歳まで、今の給料ちゃんともらえるんかな・・・?」「5年おきに車買い換えたいケド、ムリちゃうん?」「オレって、家なんか買えるンかいな・・・(汗)」など、こんなふうに今抱えているリスク以外に、将来抱えるリスクが見えてくる。

    そんなものを浮き彫りにしてくれるのがライフプランです。一度ライフプランをつくると、自分がこれから何をすべきかがぞのずと見えてくるような気がしますね。「安定していて将来も安泰だ♪」そういう危機感のない人が多い大企業では、社員の福利厚生の一環として、FPを招いてライフプラン作成の研修がよく開催されてますね。(私の会社でも)



    ■takatakagoさん
    夢を追えなくなった現代人は「生活の保障」という事を強く意識していると思っています。会社に雇われるという道を選んでいる(私も)人にとっては、この「生活の保障」を考える上でFPからのアドバイスは大きいと思います。

    このライフプラン作成を一つの福利厚生として導入する企業があっても面白いのではないかな?と思います。ムシのいい話かもしれませんが、リスクを軽減して夢を追えるのならば、その手助けをする制度も作ってやってもいいのかな?と思うことがあります。



    ■ジェイさん
    私が経営者ならば、takatakagoさんの二つのご提案。「ライフプラン作成」と「希望者に対する企業内起業もしくは独立支援」導入したいですね。

    自分の将来に真摯に向き合い、精神的にも、能力的にも自立した社員を多くつくる。そのための働きかけに注力した方が、会社・社員双方にとってプラスではないでしょうか。
    ご提案にあるように、社員の人生にプラスとなる働きかけをしつづけて、win-winの関係を真の意味で構築することが本質ではないかと思います。



    ■けこぴさん
    FPが使うライフプラン表とドリームマップ(※)を融合させたら最強なんじゃないかと、最近思うようになりました。収入の欄は空白にしておくんです。そして、ドリームマップに書いた夢を実現するために必要な収入を書いていき、それを目標に仕事の計画をたてていくんです。

    企業さんに対して、「従業員さんの福利厚生のため」「顧客サービスの一環として」このようなライフプランアドバイスができますよ?と営業をかけたらいかがでしょう。


    ※ドリームマップとは?(けこぴさん解説)
    自分の夢の地図です。一番最初に「どんな風に死にたいか」からイメージします。そして、そういう環境で死ぬためには晩年にはどんな生活を、そして、今から10年後には、5年後には、1年後には、そして今は何をすべきか。一番遠いところから夢を書いていきます。

    文章だけでなく、自分のイメージにぴったりな写真もたくさん切り貼りします。例えば、住みたい家の写真や、行きたい場所、欲しいものの写真など・・・。目標は紙に書け!というでしょう?私はこのドリームマップで飛躍的に夢が叶うようになりました。



    以上のようなコメントの節々に、企業向けのライフプラン研修の必要性を感じました。

    そのなかでも、最後に紹介したけこぴさんの『企業さんに対して、「従業員さんの福利厚生のため」「顧客サービスの一環として」このようなライフプランアドバイスができますよ?と営業をかけたらいかがでしょう』という言葉が、これから私が新たに取り組んでいこうとすることと合致しました。

    そして新たな展開を創造・・・












    ライフプラン研修の新たな展開
    ライフプラン研修の以上のような必要性を踏まえ、社内から抜け出した企業および一般向けの「ライフプラン研修」のメニューを考えてみました。
    できることと伝えるのことのバランスがとても難しく、悩み続けましたがひとりでは限界があるようです。シーズがあってもニーズがわからないという状況です。

    そこで、おおまかなパイロット版のPR概要を作成してみました。

    一番気になっているのが、そもそもの「ライフプラン研修」という名称です。これに変わるいいネーミングがないか考えています。このままでもいいかもしれませんが、何かいいネーミングが思い浮かんだ際は、ぜひ教えてください♪

    そして、内容に関しては、これまでセミナースタイルで2年間、延べ198名の受講者(社外が1割程度)に話してきましたが、受講者のある程度の満足度は得られるものの、特に社外向けに関しては、今回の必要性を加味しても、もう少し実践的にしていきたいという思いです。

    もっと身近に感じるような研修内容にするため、以下のような内容にカスタマイズしようかと試んでいます。それで、研修プランで3つほど考えてみました。レジュメを作成していない、まだ漠然としたイメージの段階です。

     
     *********************************************************************

      (1)身近なお金と将来のお金
           ?これからかかるお金を知る?

       「なかなかお金が貯まらない!?」 「将来のお金が不安!」なんて、
       みんな感じていることです。なぜでしょうか?

       それはお金のことをよく知らないことが原因だと考えられます。
       人生には、様々なイベントがあります。 そのイベントには常にお金がつきものです。

       お金と上手に接するポイントを一緒に考えてみませんか?
       そして、より具体的なこれからの暮らし方を見つけていきましょう!


     *********************************************************************

      (2)高齢者の生活実態と対策
           ?年金生活の不安要因とは??

       最近の年金問題を発端に、
       「わたしって年金はいつからいくらもらえるのだろう?」なんて、
       周りの皆さんと年金の話題で盛り上がることはありませんか?

       この研修では、まず年金の基礎知識を学び、
       そして、年金に頼る高齢者の生活背景を考えていきます。

       いつかは誰しも歳を重ね高齢者になります。
       明日はわが身!知っていて損はしない内容です。

     
     *********************************************************************

      (3)社会保障の位置づけと税金
           ?生活へ密接に関わる制度を知る?

       現在の医療制度改革は、私たちの生活に様々な影響をもたらします。
       そして、年金含む社会保障制度の改革は国策としても重要な1つ。

       「社会保障って重要だけど、何もわからない」なんてことありませんか?
       それでは、社会保険料を払うのがもったいない!
       せっかくですから、医療・介護、年金と労働を含めた社会保障を見つめ直しましょう!

       まずは社会保障全体からそれぞれのポイントにスポットを当てて考え、
       密接に関わりを持つ税金との兼ね合いを考えていきます。
       例えば「パート主婦が気になる103万円の壁」などに関する情報もお伝えします。


     *********************************************************************


    以上のような新コンテンツを考えています。(できれば)業種も性別も、年齢も問わない内容です。生活の知恵と言えばおおげさですが、生活の常識や知っていないと損する内容を詰め込むつもりです。これなら企業だけでなく、一般向けのセミナーでもいけるのかなぁという感覚です。

    今回、自分自身へのプレッシャーも兼ねて、あえて公開しました。なかなかコメントしづらい内容かもしれませんが、お気づきの点などございましたら、アドバイスいただければ助かります。
    できましたら、「こんな内容も盛り込んで!(=ニーズ)」的なご意見もぜひお聞かせください。宜しくお願い致します。長々とお付き合いいただき、ありがとうございました♪


    ライフプラン研修のもう1つの取り組み

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    前回からだいぶ更新が遅れています。実は今月からCFPの受験対策を本格的に始めたからです。先月のブログの熱意と情熱はうまく勉強に移行した感じです。やる気の伝染は果てしないと感じています。

    さて今回は、前回少し説明足らずの部分があったので、それを補いながら、ライフプラン作成で最も大切と考えている「時間」をテーマに考えていきたいと思います。



    ライフプラン研修は新入社員から
    一昨年から試行的にこの研修を新入社員に実施したところ、意外に食いつきがよく昨年から本格的に実施を開始しました。一番の特徴は女性。目を輝かせながら聞き入っている様子をみて、かなり熱がこもったのを覚えています(思わず自分もハリキリ過ぎ♪)。
    それに比べ男性は・・・自分には関係のないことだと言わんばかりの態度を見せる者も。お金の話を説教と思わせてしまった(相手が感じた)のは、伝え方が未熟な私が反省しなければならないところ。

    ともあれ、50代の研修では「もっと早くライフプラン作成の仕方を知っておけば良かった」という意見が大半の時代、新入社員に対するこういった取り組みが福利厚生で役に立っていると実感しています。



    突然ですが、先が見えない暮らしとは!?
    例えば、電灯のない真暗闇の外路地を歩けば、つまずいて転ぶ危険性があります。懐中電灯を持てば少しは安心ですね。そもそも何も暗闇でなく日中に歩けばそんな心配もいりませんね。

    ここで何をお伝えしたいかと言うと、(暗闇と同じ)現在の先の見えない不透明な時代を乗り越えるには、これからの人生のイベントを事前に把握することが大切です。そしてある程度見通しのつく生活がイメージできれば、より安心ある暮らし方が見えると私は考えています。

    なかには「行き当たりバッタリの方が楽しい」という方もいますし、一方で「将来を考えて不安になるくらいなら考えたくない」という方もいますね。
    しかし、定年後の人生の長さ、また社会保障費の増加に加え税金の負担が増すこれから先の時代を過ごす上で、これまでのような考え方ではゆとりある生活を送ることは厳しいと思われます。


    サラリーマンと時間



    自分らしい暮らし方とは!?
    ゆとりとは金銭的な面だけでなく、金銭面から感じる心のゆとりも含まれます。まずは不安なことを解決していくことが安心への第一歩となります。

    これからの生き方や将来は今の自分が創り上げていくものです。ネガティブなことを考えればきりがありません。ポジティブな発想で自分らしい暮らしを具体的にイメージしていくことが大切だと考えています。


    今しかできないこともたくさんある♪
    誰もが、あれこれやりたいことがたくさんあると思います。しかし、急いでやる必要もないこともありますね。経営で使われる単語ですが、人生でも「集中と選択」が必要であることに気づきませんか?

    40年近く働いた分だけの時間が、老後に待っていると分かれば、やりたいことをちょこっとそっちにまわしてもいいかもしれませんね。そして今しかできないことにチャレンジすることが大切ではないでしょうか!そう考えると趣味って本当に大切だと感じます。

    そして、リタイア前でも新入社員でも、入社10?20年選手でも、時間を意識した生活を送ることでより有意義に生きるすべを築けると思います。



    生きがいがボディブロー!
    ちょっと言い過ぎのフレーズかもしれません。後々に効いてくるという意味です。現実問題として、定年後に今まで日中にいなかった旦那がいることで、「夫在宅ストレス症候群」なんて聞かれるようになってきました。

    旦那がいることがストレスになるなんて!家族を生きがいに思っていた旦那さんからすればすごく悲しいことですね。そして、歳とって何もすることなくって、家にいて相方から煙たがれるようになるのも虚しいことですね。サラリーマン特有の「燃え尽き症候群」=ストレスがないことがストレス、なんて嫌な感じです。でもわかるような気もしますが。

    今を生きる私たち。今の自分は過去が作り出したもの。過去はいつでも振り返ることができます。そして、未来は今の自分が設計できるものです。
    未来に向かってどう生きるかは、今の「お金」と「時間」をよ?く考えてみると見えてくることがたくさんあります♪ 結局、時間もお金と同じで、「いかに使うか(使い方)」「いつ使うか(使うタイミング)」が重要ってことだと思います。


    今さらではなく、今からでもまだ間に合います!
    ライフプラン研修の取り組み

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    今般、社会保険料や税金の負担増が私たちの家計を圧迫し、不透明な将来や老後に不安を感じている方も少なくありません。そんな中、私は毎年50歳と54歳の社員を対象に、退職後の生活を考えるライフプラン研修の講師を2005年(平成17年)より務めています。

    今回は、その取り組みをご紹介させていただきます。



    ライフプラン研修とは?
    ライフプラン研修は「定年前後のライフプランの作成」を目的に、「具体的な暮らしとお金の勉強会」のような位置づけで実施しています。社内ならではの情報(退職金試算額や想定される年金受給額など)を盛り込みながら、リアルな数字を用いた実践的なプログラムを取り入れています。
    そして、定年前後の生活をより具体的にイメージできるような参加型の研修スタイルで開催しています。

    研修は『より良い人生を築くためにできることは何か?』という視点で、“お金”の面だけでなく、下図のような“健康”や“生きがい”の観点も取り入れながら進めています。
    これからの暮らし方を考えるキッカケになり、そして行動するための準備・対策を考えることが、この研修の意義です。

    ライフプランの三領域



    誰だって先のことは不安です。でも誰もが歳を重ねていきます。それでは、先の何を考えれば良いか!?
    その目安となるのが、ライフプランの三領域という考え方です。日頃何気に過ごしていても、重要なこの三つ。

     生きがい:こころ
     経   済:おかね
     健   康:からだ

    どれも欠かすことはできない重要な要素です。それぞれの使い方を意識して暮らすともっと幸せになると思います。それを感じていただく研修がライフプラン研修です。

    こんな研修受けてみたくないですか?

    もし宜しければ、みなさんのご感想をお聞かせいただければと思います。宜しくお願い致します。





    ≪ようこそ!お金のサプリへ♪≫

    仙台っ子FPしょうちゃん

    Author:仙台っ子FPしょうちゃん

    「人生やったもん勝ち!」をモットーに、よりエネルギッシュな人生を導くライフプランの必要性を伝播したいと考える。自身の経験をもとに、お金のテクニカルな使い方ではなく、お金を使う人間の感情(心理的な勘定)にスポットを当てた提唱が好き♪
    1級FP技能士で釣り師でサラリーマンでB型の私ですが、よろしく!!

    ≪お金のサプリ講座≫
    ≪おすすめ情報です♪MyベストⅢ≫
    ちょっと一息♪

    ■ 宮城の海で釣りしませんか?

    やっぱり釣りって最高!!
    男性も女性も初心者もベテランも一緒に宮城の海へ行こう♪ 釣らないと嫁と娘に食べさせるメシがない!?なんて言い訳しながら、大好きな釣りを楽しんでいます^^;


    ★おすすめ船はズバリ!啓光丸です↓★

    ~女性も大奮闘♪~楽しい釣り三昧~
    【私の出航予定表】
    啓光丸は銀鮭、マコカレイ、アイナメの大型がよく釣れて調子がいいみたい♪

    ≪最近の記事≫
    ≪お気に入りブロガーのみなさん≫
    ≪最近のコメント≫
    ≪月別アーカイブ≫

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。