せんだい・みやぎから元気ビタミン発信中♪ 仙台っ子FPです!

お金のサプリとは?
  • 最新記事のRSS

  • サイトコンセプト ホームに戻る
    スポンサーサイト

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    口だけじゃない災いのもと!

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    今回は、FPの知識が個人レベルだけでなく、ビジネスレベルでも通用するため(私の学習ノートのようなもの)の内容を書いていこうとしています。どちらかというとコンサルティングのような考え方を示すような内容かもしれません。

    「仕草や行動に感情が揺らぐ瞬間?」

    これはどういうことでしょうか?


    私が伝えたいのは日本人の特徴です。言葉よりも行動を重んじる習慣(傾向)が日本にはあります。顔の表情や眼つき、仕草や行動など言葉にしなくても相手に伝える手段があります。

    逆に言えば、これを無意識のうちに相手に対して伝えていることが時にあります。
    常日頃、FPとしても人としても気をつけたいものです。そして、誤解のないように双方の思いを確認しながら生きていきたいと思います。
    スポンサーサイト
    現実派FP vs 理想派FP

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    今回は、私が最近慕っている宮城の若手のホープ、独立系ファイナンシャルプランナーとの会話をご紹介します。テーマは、

    「生命保険の加入の仕方について」

    先日、私は姉妹サイト「暮らしのアンテナ」の中で「かんたん生命保険加入法」を公開しました。興味がある方はまずこちらをご覧くださいねっ!

    私の考えは、ライフプランはいまの生活をもっとより良くする視点で考えています。一方、理想派FPは将来の夢プランを実現することを目的としています。どちらが正しいかは答えがないところ。答えはその人が決めることだと思います。

    生命保険の加入の考えも同じ。理想派FPは自分が死んでも残された遺族が今よりも幸せに生きられる保険への加入を勧めています。
    果たしてどれだけの保障が必要になるのでしょうか?もちらんお金はいくらあって困りませんがね。現実離れの保障は毎月の保険料がかかりすぎます。

    端的に言えば、自分が死んでも、遺族がライフプランを変更させないで生きられるだけの保障(保険加入)が必要という考え方に賛成ではありません。なぜなら、遺族も努力が必要だと思うからです。

    一家の大黒柱に頼る時代はもう終わりではないでしょうか?残された妻であっても子供でもあってもしっかり生き抜くすべを見つけなければならないと感じています。
    それはお金だけではありません。健康もそうです。生きがいもそうです。そうやって家族がいい意味で自立していくプランニングを私は心がけていきたいと思います。

    ここでひとつお断りをします。
    サイト内の情報は、FPの基礎を十分理解したうえでの私なりの見解(独創?)に過ぎません。当然、FP的な視点を逸脱した考えも多少あります。正直書き足りなかったり説明不足の点もあります。
    この点はご理解願います。そのうえでお付き合いできれば幸いです。
    生命保険販売の現場検証!

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    今回は生命保険販売の現場検証をします。

    「亡くなった場合、残された遺族の生活は大丈夫ですか?」

    という感じで、生命保険の販売員(正しくは生保募集人、以下「保険屋」略)に言われたら、「どれだけの保障が必要なの? 今の保険で足りないの?」不安になる人は多いはず。

    そこで、ライフプランの説明を入れて保険の必要性を知らせることで、説得力を増して販売する会社もあります。ここで重要なのは、個人が知らない情報をどこまで引き出せるかということ。

    例えば、サラリーマンで亡くなった場合の死亡退職金などいい例かもしれません。ほとんどのサラリーマンは自分が死んだ場合の退職金を把握していない。それが生命保険に加味されていないとすれば、高い保険を勧められていることになります。
    しかし、保険の一番いいところは、死んだ場合に多く入っていて失敗したと感じることはないという点。結果的に高ければ高い分だけ保険の恩恵が受けられるのでいいのかもしれませんね。

    実は、ここで一番言いたいことは、加入をする前に担当の保険屋さんに「あなたの加入している保険を教えてください」と必ずお聞きしてもらいたいということです。
    これを聞くことで、保険屋さんの人柄と保険に対する考えが伺えます。正直に話すひと。どこか嘘っぽいひと。

    そしてとどめの一言「実際の保険証券で説明して欲しい」と言ったときに、プライベートなことなのでとか言って逃げる方からは、保険は買わない方が良いと思います。また、実際の提案とかけ離れる保険を自分にかけている場合(矛盾)も要注意です。

    保険は正しく理解して加入すれば、非常に良いツールです。自分自身でしっかり納得して決めて加入しましょう。だって自分のことですからね。
    そうそう、10年前くらい昔に入った保険を見直そうとする保険屋と、定期保険に入れたがる保険屋は気をつけた方が良いですね。そして、勧められるまま、簡単に解約することは絶対に避けてください(昔の保険ほど利率が高くて良い保険が多かったので)。
    宮城の方は必見!「生活設計・資産運用のシンポジウム」3/15開催

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    今回は、金融庁と東北財務局主催で、「ホテル仙台プラザ」において、地域の方々を対象にした「生活設計・資産運用について考えるシンポジウム」が開催されますので、ご連絡いたします。

    金融商品が多様化する中で、生活設計・資産運用の在り方について考えてもらうためのシンポジウムらしいです。私が話す訳ではありません(笑)!ちなみに、ファイナンシャルプランナーの“生島ヒロシさん”がコーディネーターです!!

    【開催日】3月15日(土)13時30分?16時15分(開場13:00)

    【開催会場】ホテル仙台プラザ 3階「松島」

     詳細とお申し込みは、こちらです。
     定員150名のため、気になる方はすぐにアクセスを!

    当日は私も勉強にいきます。感じたことは開催後サイトで綴らせていただきますので、ご期待ください。
    私の考える「しんゆう(親友)」

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    最近、友達の種類?も変わってきた。 そこで、「しんゆう親友)」のカテゴリーを改めて考え直し。 なんと9つに分類!? いろんな友達いるんだね(^^)


    まず、最近できた友達。
    (1)友 : 特にFP仲間はこれから(4)に進展!


    この区分はほとんど同じレベル。でも(6)は別格!
    (2)親友 : 親しい友達、飲みにいく位の関係
    (3)友 : 信頼できる友達
    (4)友 : 成長し合える関係
    (5)友 : お互いに信頼し合える関係
    (6)友 : ありのままの自分を出し合える関係


    ここは番外編に近いけど、実際こういう友達もいるはず!?
    (7)友 : 縁を切れない(切りたくても)関係
    (8)友 : 男女の関係(なんとなくイメージ的に)
    (9)友 : しばらく会っていない親友


    これは、あくまでも私なりの見解です。たぶん辞書にもないことです。参考までにどうぞ!
    深友は現在いっぱいいるのでキャンセル待ちです(笑)!
    ↑冗談です(^^)”
    コミュニケーションがFPの生命線!

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    FPは家計(個人)の達人!?
    いえいえ、FPは個人だけでなく、ビジネス上でもかなり必要とされる知識を有した資格だと私は感じています。

    その理由として、ビジネスでもFP的思考を十分に発揮できる場面が多くあるから。提案のステップも、顧客とのコミュニケーションも、個人であってもビジネス上であっても共通です。

    だって、同じ人間が相手なんだもの!

    今回のテーマのコミュニケーションとは、
    「社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと。言語・文字・身振りなどを媒介として行われる」と辞書では訳しています。

    いまさらながら、FPである前に、人としてコミュニケーションは必要です。サラリーマンでもOLでも、主婦でもフリーターでも子供でも、この社会で生きていくためには、様々な選択や駆け引きがあるはず。

    例えば、保険商品の選択が強いられた場合でも、顧客のニーズを吸い上げるチカラと、ニーズと時代を読み解くチカラがなければ対応できません。そもそも、ニーズを引き出すことができなければNG!

    そして、見えない(潜在的)ニーズを見つけることがFPにとっても、その顧客にとっても大切になります。

    あなたが知らないあなたのこと?

    正直、商売抜きにした関係でなければ、知ることはできないと思います。
    あなたの周りには、商売抜きにしたFPはいますか?
    (残念ながらFPの6割は、生保と金融の関係者です・・・)
    FP vs 節約好き主婦

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    先日、ある主婦からこんな相談を受けました。
    「もっと貯金をするにはどうしたら良いですか?」

    家計簿と収支状況、そして貯蓄残高を見る限り、何の問題もなく貯金ができています。
    あれっなぜ?
    貯金ができているのに・・・さてはこれだけできているから、褒めてもらいたいのかな?っと思えるくらい非常に良い家計状態でした。

    実際に相談を聞きにくる人の3割近く(私の感覚ですっ)は「自分がこれだけできているから認めてほしい」という方がいます。
    しかし、今回はそうじゃない!?
    本気でもっと貯金したいと考えている様子。

    そこで私は、
    「なんのために貯金をするのですか?」「そもそもどうしてこれだけの貯金ができるのですか?」と問いただしました。

    すると、この主婦は、
    「貯金は趣味のようなもの。だから節約が好きで好きで・・・徹底的に節約を心がけて生活しているの!」

    なるほど!


    今回のように、貯金のために節約をする主婦は多くいます。それをブログでアピールするサイトも数多くあります。 たいがいは、節約に命をかけている感じです。すごいと思います。尊敬します。

    そこで私は、
    「それじゃ、貯金の目的はなんですか?」と聞くと、
    主婦は、
    「・・・とりあえずお金があれば困らないし・・・」

    正しい答えです。その通りです。しかし、あえて私は、
    「もっと楽しく節約して貯金できたら、もっともっと幸せになりませんか? 家族がその節約に同意して(嫌気がないか?)いますか?」
    と聞くと、主婦は、「・・・・・」しばらく言葉がでない。その後、一転して喜んで話を始めた。
    そう。。。家族が少しヒクぐらい頑張った節約の仕方でした。

    「もう少し目的を持って、将来の目標に向かって、家族と協力し合って節約した方がもっと楽しいですよ!」 こう提案すると、(^^)ニコって笑って帰りました。

    ガメツイのも大切。将来のお金も大切です。
    でも、それ以上に大切なのは今の時間。今の暮らしです。そんな今の生活、将来の暮らしをアドバイスできるファイナンシャルプランナーを身近に見つけましょう!

    身近にいらっしゃらなければ、こんな私で良ければ、知り合いのFPくらいに思っていただければ嬉しいですね。これからも頑張ります!
    これからの経済予測<スタグフレーションとラチェット効果の関係>

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    まず、スタグフレーションとは辞書によると、

    「景気の停滞にもかかわらず、一般物価水準が継続的に上昇している状態」と定義されています。

    stagnation(停滞)とinflation(インフレーション)との合成語のようです。

    今まさにその状態に日本はあります。


    原油の高騰が発端となり、あらゆる生活用品・特に食費が徐々に高くなっています。たかが数十円でも毎日使うものが値上がりしてしまうことは、支出の増加となってしまいます。

    まずは、無駄なものは買わないこと。それが支出を抑えるポイントです。でも、生活の質を落とすことはなかなかできませんよね。

    それが、ラチェット効果です。
    日本語では、歯止め効果とも呼ばれています。辞書では、

    「景気後退時にも、消費者には歯止めがかかって過去の最高所得時の消費水準をなかなか切り下げられないこと。景気を下支えする役割を果たす」と定義されています。


    この二つの関係を考えると、物価が上昇しても今の生活水準を保とうとする人が多ければ、消費が上向き、そして景気回復の兆しに繋がるのではないか!? と素人の私は考えています。専門家の方、いかがでしょうか?
    私の考えるファイナンシャルプランナー(CFP)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    現在、CFPの勉強をしていて感じたこと。

    ファイナンシャルプランナーは何をする人か?

    ○お金の増やし方をアドバイスする人?

    ○家計の診断を行い、評論する人?

    ○困っている人を助ける人?

    私はどれも中途半端な気がします。こんなFPなら私はFP失格かもしれません。


    私は、これからの人生をもっと前向きに良くしていきたいと思う方だけに、お金のテクニックだけでなく、価値観を共有した提案をしていくFPになろうと思います。私の考えは決して押し付けません。だって価値観は人それぞれだもんね。

    私にとってCFPになることは、単なる肩書き目当てかもしれません。私がCFPになる目的は、FPをもっと社会に普及することができる立場になれるからです。それよりも、日本FP協会出身の議員さんが出てくれば、もっと簡単にFPが社会進出ができるのでしょうけどね。。。

    まずは、私自身の成長がFPの価値を高める存在になりたいと思います。引き続き、これからの情報もお楽しみくださいね!
    財産の格差はなぜ生まれるのか?

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    ここ数年、生活の中で様々なギャップに出会う機会が多くなったような気がします。例えば・・・

    ○市営住宅に住んでいるのに、車は何故かベンツ!

    ○セレブそうな綺麗なお姉さんが、お惣菜の見切り品?

    ○神戸・芦屋の高級住宅街に軽自動車?

    ○ユニクロファッションに、カバンと時計と財布はブランド品!

    ○高校卒業したてお兄ちゃんがシャコタンのセルシオ!!


    みなさん、いかがでしょう?

    こういう身に着けるものってだれでも簡単に手に入る時代になり、身なりで貧富の差を感じなくなった気がしてなりません。むしろ、セレブと言われる人はほんの一握りであって、いまの日本は表向きの格差を感じさせない社会なのかもしれません。

    つまり、富裕層の生活レベルが下がり、低所得層の生活レベルが上がることで、生活格差は縮小される一方、確実に財産(貯蓄等)の格差が拡大してきた社会になってきたと私は思います。専門家の方、いかがでしょうか?
    細野真宏氏講演を聞いて感じたこと(4)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    最終回の今回は(3)サブプライム問題の今後の行方を解説していきます。

    今話題のサブプライム問題。
    本題の本質は、サブプライム層(信用履歴の低い借り手)とサブプライムローンではなく、アメリカ人の消費好きの国民性であること。
    GDPの75%が個人の消費(日本では約55%)。アメリカの経済は個人が支えていること。

    また、住宅ローン債権の証券化によって、通常ではあり得ないローリスクハイリターンの小口化された住宅ローン担保証券や資産担保証券が世界中に流通したため


    つまり、今回のサブプライム問題は住宅価格の下落により
            ↓
    サブプライムローンが焦げ付き
            ↓
    住宅ローン債権の証券化が焦げ付き

    連鎖的に世界に影響を与えたということです。


    (質問)
    「サブプライム問題はいつ終わるか?」
            ↓
    (答え)
    「答えは明言できないと説く。しかし・・・」


    これまで、「ITバブル、世界同時テロという困難を超低金利政策と減税政策で乗り越えた経緯を考えれば、今回も乗り越えられるという見方もできる。」
    そう細野氏は語った。



    計4回にわたる講演の解説。
    既にご存知の話もあったかもしれませんが、私にとって断片的な知識が繋がった感覚をしっかり残しておきたいと考え、綴らせていただきました。
    少しでも参考にしていただければ幸いです。

    FPにとってこういった知識が売り物ではありませんが、細野氏の話を聞いてキュンときたのは、
    “日々起こる出来事に対して、なぜこうなったのか?”
    という疑問を問いかけることが大切なことだと気づかされました。

    FPとしてというよりも、ひとりの人間として、素直に問題意識を持てるよう心がけていきたいものです。これからも皆さんよろしくお願いします。
    細野真宏氏講演を聞いて感じたこと(3)

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    今回は(2)大増税時代は到来するのか?を解説していきます。

    前回お伝えしたプライマリーバランスは、小泉政権時にあと3年後の2011年に国の収支を黒字化させることができる見込みでした。
    しかし、国の見通しが甘く増税しなければ黒字化が厳しくなってきたと思われる。

    消費税1%アップで約2.5兆円の財源の確保ができると言われており、消費税アップの話は避けられない。
    ここで細野氏が力説したのは、「仮に2011年に黒字化したとしても、一時的なものでは意味がない。」そして、「継続的に黒字化になるような固定の税収を上げる仕組みが必要である」ということ。


    (質問)
    「明らかに10年前とは時代が違う。これからの時代は運用が必要か?」
                        ↓
    (答え)
    「お金の運用、投資が必要ということではない。大切なことは投資するしないにも関わらず勉強すること。結果として投資しないという選択肢でも構わない。」


    投資を難しいと考え逃げるのではなく、自分自身でこれからの厳しい時代を乗り切るために、お金の運用も大切なんだと改めて感じました。
    最近、優良企業にも関わらずPBR(1株あたり純資産)が下がる会社が出てきているので、そういった会社の将来の見通しも考慮して投資することも大切。

    なぜなら、バブル崩壊後、外資系企業やファンドではなく、企業は個人に対して株を買って欲しいと思っているから。個人に対する企業の対応も良くなっているから。
    このように細野氏は、以前よりも投資しやすい環境であることを解説しました。
    次回は、2月7日に(3)サブプライム問題の今後の行方を解説していきます。
    ≪ようこそ!お金のサプリへ♪≫

    Author:仙台っ子FPしょうちゃん

    「人生やったもん勝ち!」をモットーに、よりエネルギッシュな人生を導くライフプランの必要性を伝播したいと考える。自身の経験をもとに、お金のテクニカルな使い方ではなく、お金を使う人間の感情(心理的な勘定)にスポットを当てた提唱が好き♪
    1級FP技能士で釣り師でサラリーマンでB型の私ですが、よろしく!!

    ≪お金のサプリ講座≫
    ≪おすすめ情報です♪MyベストⅢ≫
    ちょっと一息♪

    ■ 宮城の海で釣りしませんか?

    やっぱり釣りって最高!!
    男性も女性も初心者もベテランも一緒に宮城の海へ行こう♪ 釣らないと嫁と娘に食べさせるメシがない!?なんて言い訳しながら、大好きな釣りを楽しんでいます^^;


    ★おすすめ船はズバリ!啓光丸です↓★

    ~女性も大奮闘♪~楽しい釣り三昧~
    【私の出航予定表】
    啓光丸は銀鮭、マコカレイ、アイナメの大型がよく釣れて調子がいいみたい♪

    ≪最近の記事≫
    ≪お気に入りブロガーのみなさん≫
    ≪最近のコメント≫
    ≪月別アーカイブ≫

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。