せんだい・みやぎから元気ビタミン発信中♪ 仙台っ子FPです!

お金のサプリとは?
  • 最新記事のRSS

  • サイトコンセプト ホームに戻る
    スポンサーサイト

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    住宅リフォームフェアin仙台の相談ブースにFP参上!

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    リフォーム産業新聞社に感謝!
    毎年恒例の住宅リフォームフェアin仙台が1月23日?24日に、夢メッセで開催されました。
    今回はそのフェアで、FP相談会を実施しました。
    関係者の皆様 大変お世話になりました。本当にありがとうございました!!

    住宅リフォームフェア2010



    相談ブース設営の裏話!
    初日はブース準備に何かと不備が生じ、「何のブース?」「FPの家?」って感じ^^;

    相談ブース(前)

    リフォームフェアだけに、ブースも初日の反省を踏まえ、大改造 before after♪
    TVのナレーションっぽく「まぁ?なんていうことでしょう! 匠の技によって劇的に変身!」
    なんて感じになったと思いません?

    相談ブース(後)



    FPの相談にどれだけ魅力があるのか?
    そもそもリフォームに興味がある方の集まるフェア。リフォームにはお金がかかる!
    そうですね、FP(ファイナンシャルプランナー)が関われる所はテンコ盛りです!

    『暮らし』と『お金』の『○○』相談は、FPがしっかり解決していかないっと!
    『○○』には、個々のWantsやNeedsが当てはまります。
    あなたの『○○』はなんですか?

    衣食住はじめ娯楽等の「生理的な欲求が」満たされ、
    次は「安全の欲求」がターゲットに! 「マズローの欲求5段階説」が参考になりますね。

    人によっては、「安全の欲求」の現実から眼をそむけて、
    下位を疎かにして上位の「自己実現」を目指す方も最近多いような気も(現実逃避かな?)。



    気になる相談件数は!?
    24日は11組の方にご相談にきていただきました。そのうち座ってじっくり話された方は5組。
    少しでも参考にしていただき、今後の生活にお役立ていただければと思います。
    ライフプランニングの考え方を知ることで“今よりは”良い暮らしになることを信じています。

    そして、FPはお金・身体といったツール・情報の使い方だけでなく、
    どう活かしていくかまで踏み込んで提案していかなければなりませんね。
    ご相談者の方の表情を見る限りまだまだセミプロかな・・・。匠にならないと!



    仙台屈指のFPがセミナーに登場!
    今回フェアには、仙台リビング等でお馴染みの金融ジャーナリストの
    FP小野寺永吏さんがご講演をされました。

    セミナー講師 ファイナンシャルプランナー 小野寺永吏さん

    小野寺永吏さんは、ライターとしての執筆活動(著書一覧)だけでなく、
    こういった講演も得意としています。

    なんと! 月刊オフィスユー4月号(予告)にて、
    著書の「マネーの王子様」がプチ連載されるのです。漫画になるなんて、本当に凄い!!

    憧れからライバルへなんて目論見ながら、いつの日かコラボセミナーを打診したいものです♪
    内容もさることながら“伝え方”など、日々精進して頑張っていこうと改めて感じました。
    そして、FPがもっともっと皆の身近で活躍できるように、存在感を高めたいと感じました。

    新聞社の皆様 貴重な機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。
    そして、ご相談に来てくださった方々に感謝申し上げます。

    そうそう私事ですが、昨年末に住宅を購入したので実体験をもとに、
    次回以降はイマドキの住宅購入のエッセンスをお伝えできればと思います。ご期待を♪

    スポンサーサイト
    「65 歳まで生きられる確率」とその後の「医療と介護の実態」

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    男性:86.6%、女性:93.4%・・・65歳まで生きられる確率!
    わかりやすくに言えば、100人中 男性は86.6人、女性は93.4人が65歳まで生きられる根拠。
    これは現代における医療発展、疾病予防の成果、衛生環境の充実の賜物かもしれません。

    ちなみに、40歳まで生きられる確率(割合)は、男性:97.9%、女性:98.7%。
    この数値だけ見れば、たいていの方は40歳まで生きてられる印象を持ちますよね。
    これは厚労省公表の「平成20年 簡易生命表」にて明らかになった最新の数値。

    マスメディアで取り上げられる死亡に係る事件や事故は他人事ではない場合もありますが、
    報道を通じて身近に事件や事故を感じることは、悪く言えば不安をあおるような行為にも思えます。
    自分自身のなかで、何がリスクかをしっかり認知して、正しく受け止めることが大切ですね!



    さて、100人中 男性は86.6人、女性は93.4人が65歳まで生きられるのであれば、
    65歳以降に何で亡くなるか、そして介護がどのくらい必要になるのか、気になるところですね。
    あるんですよ。統計データが!

    65歳以上で亡くなる原因とその割合

    介護サービスのお世話になる現状の確率

    いかがでしょうか?



    男性と女性では傾向が異なりますね。死亡の原因も。介護の必要な度合いも。
    男性の場合、がん・心疾患・脳血管疾患で亡くならない人は健康な方が多く、
    介護も必要とならない場合が多いと読み取ることもできます。

    但し、上記のマスメディアの報道と同じく、一概に全ての方に当てはまらないので要注意。
    統計データはあくまでも過去の数値をまとめたもの。参考程度にとどめたいものですね。
    とはいえ健康を保てば、介護を必要としない老後になる確率が高いのは間違いありません。



    また、別の角度で見れば、だれしもこのような医療・介護のお世話になる確率があれば、
    金銭的な準備も必要になると思われた方もいると思います。

    生命保険会社の勧める保険内容を付加する統計データに惑わされることもありますよね。
    「医療費は高いですよ!」「介護費はずっと一生かかるからねぇ?」
    なんて言う方もいるはずです。実際にそうですからね、定価は。

    日本は(現在は)社会保障が充実した国家です。ですから、社会保障の制度を利用すれば
    たとえ定価かかっても補助がもらえる仕組みが構築されているから安心です。

    ご存知ですか? 高額医療・高額介護合算療養費制度

    ここでも注意があります。誰しも適用になる訳でなく、所得の区分に応じた制度ですから、
    所得の高い人ほど、負担が多くなる仕組みとなっています。
    所得の多い方は「自己負担をまかなえるだろう!」という考えになっている訳です。

    そもそも社会保障は弱者を守る観点から制定された経緯がありますから、
    そういう概念はいまなお踏襲されているのです。

    あなたは将来の医療・介護の不安を「お金で解決しますか?」
    それとも「今の自分の意識で解決していきますか?」簡単そうで難しい・・・質問ですかね。
    それでは、またっ!!
    ≪ようこそ!お金のサプリへ♪≫

    Author:仙台っ子FPしょうちゃん

    「人生やったもん勝ち!」をモットーに、よりエネルギッシュな人生を導くライフプランの必要性を伝播したいと考える。自身の経験をもとに、お金のテクニカルな使い方ではなく、お金を使う人間の感情(心理的な勘定)にスポットを当てた提唱が好き♪
    1級FP技能士で釣り師でサラリーマンでB型の私ですが、よろしく!!

    ≪お金のサプリ講座≫
    ≪おすすめ情報です♪MyベストⅢ≫
    ちょっと一息♪

    ■ 宮城の海で釣りしませんか?

    やっぱり釣りって最高!!
    男性も女性も初心者もベテランも一緒に宮城の海へ行こう♪ 釣らないと嫁と娘に食べさせるメシがない!?なんて言い訳しながら、大好きな釣りを楽しんでいます^^;


    ★おすすめ船はズバリ!啓光丸です↓★

    ~女性も大奮闘♪~楽しい釣り三昧~
    【私の出航予定表】
    啓光丸は銀鮭、マコカレイ、アイナメの大型がよく釣れて調子がいいみたい♪

    ≪最近の記事≫
    ≪お気に入りブロガーのみなさん≫
    ≪最近のコメント≫
    ≪月別アーカイブ≫

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。