せんだい・みやぎから元気ビタミン発信中♪ 仙台っ子FPです!

お金のサプリとは?
  • 最新記事のRSS

  • サイトコンセプト ホームに戻る
    スポンサーサイト

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    子育てママ応援!! 「ワークライフバランスにまつわる話(マインド編)」

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    今回も長文につき、お時間がじっくりとれる時にお読みください♪


    ライフプラン・クリエイター:仙台っ子FPのスタンス
    わたしは(ご存じの通り)サラリーマンです。早いもので今年入社12年目。
    平成10年より社会人として働いてきて一番の収穫と言えば、
    FP(ファイナンシャルプランナー)という資格との出会い(平成16年AFP取得)です。

    FPのことは、なんとなくお金の専門家だという認識はありましたが、
    ここまで奥深く面白いうえ、こんなにも暮らしに役に立つとは思ってもいませんでした^^;
    まして、今のような仕事や家庭の枠を超えて、
    「生きがいや楽しみになる」活動ができるとは全く想像もしていませんでした。

    FPの取り組みを始めたキッカケは、平成19年11月のFPの日。
    FP協会(NPO法人)の活動に初参加し、相談員や運営に携わり始めたことで、
    これまでになかった他業種の方と交流が図れるようになりました。

    と同時に、平成20年よりCFPに挑戦を始める動機付けになりました(現在CFP3科目合格)!
    AFPでも特に遜色なくライフプラン研修を行ってきていて、
    CFPを目指す気など全くなかったのですが、やる気に火がついたのでした。

    実は、一部の銀行マンや証券マンと違って、CFPになっても給与が増えないし、
    むしろ更新(FPは単位更新制)の単位が多くなって金ばかりかかるので、
    CFP取得は眼中にありませんでした。しかし、環境が変わると考え方も変わるものですね。



    考え方が変わった大きな理由
    サラリーマンとして働く時間は、おおよそ8?10万時間。と同時に・・・、
    定年退職後の自由な時間も同じ8?10万時間もあるのです。どんな感じですか?

    時間を味方につける考え方

    ジェンダーや世代間のズレはあるかもしれませんが、
    一般的に男性は「えっ!?そんなに時間要らないよ。することないし?↓」と悲観的。
    一方の女性は「やったー!そんなに時間があれば好きなことがもっとできる♪」と前向き。

    この時間の考え方の本質というか、これが何を意味するかと言えば、
    大切なのは、単に働くというのではなく、何のために働くかということになります。

    そして、働いているときに働く以外のことも考えていかなければ、
    定年退職後に何をすれば良いかを見つけにくいことも暗に示しています。
    誰しも急にやることができるはずもありませんしね!

    身近なところで言えば、平日の図書館。
    あたりを眺めると、そこにいるのは、子育てママとその子供。
    そして、必ずいる居眠りしながら新聞や本を読む定年後の男性陣の姿。

    たぶんですが、これまで家族の生計を支えてきた男性達はなんのその
    奥さん方は友達同士で温泉に遊び(?)に行ってしまっているのでしょう。
    問題なのは、奥さんではなく、旦那さんの方かもしれません。
    現役の頃、仕事に没頭するあまり、定年後の生き方まで考えてこなかったのでしょう。

    一方で、そういう方だけでなく、サラリーマン人生と全く違う道にチャレンジする
    イキイキとした目的ある定年後の人生を過ごして輝いている男性も身近にいます。
    その違いをもたらしている違いは、一体なんでしょうか?



    ワーク・ライフ・バランスをご存知ですか?
    前回、 「パート労働の税金と社会保険にまつわる話(スキル編)をまとめましたが、
    今回はそのマインド編です。主な内容は「ワーク・ライフ・バランス」についてです。
    子育てママに限った話ではありませんが、関連深い内容です。
    私と同じ子育て世代の方だけでなく、すべての労働者に当てはまる内容です。

    世論調査(内閣府2008.07)によれば、
    6割の方が「ワーク・ライフ・バランス」の名称も内容も知らないと回答しています。
    内閣府としては、カエル!ジャパンというサイトを開設し、取り組んでいます。

    「ワーク・ライフ・バランス」とは、働く者一人ひとりが、「やりがいのある仕事」と
    「充実した仕事以外の活動(家庭、地域、学習など)」を様々に組み合わせ、
    バランスのとれた働き方を安心・納得して選択していけるという考え方です。

    1990年代初期に米国で経営戦略の手法の一つとして、考え出された概念であり、
    言葉の厳密な定義などはないようです。
    日本においても、骨太方針2007の中にの文言が盛り込まれるなど、
    注目を集めている新しい考え方です。下図のような全体像になります。

    ワーク・ライフ・バランス

    こうした「個人も組織も満足できる成果を目指した取り組み」は、
    組織と個人の相乗効果が期待できます♪

    *組織 : 個人が仕事と仕事以外の時間も充実、より豊かな人生を送れるようにサポート
    *個人 : 組織への忠誠心を高め、充実した生活でいきいきと仕事に取り組み、組織に貢献
    そして、組織と個人におけるワークとライフの調和が図られることで社会全体が豊かになる!
    という考え方のもと、社会に浸透し、今後確実に定着していかなければならないと思われます。

    「ワーク・ライフ・バランス」は、男女問わず、また子供や家庭の有無も関係なく、
    「やりがいのある仕事」と「充実したプライベートの生活」を両立させたいと願う
    すべての労働者のためにあります。

    「ワーク・ライフ・バランス」が、働く女性のための仕事と子育ての両立支援として
    脚光を浴びているのは、重要なライフステージの1つであるからです。

    そして、仕事とバランスを取るべきものは、家庭や子育てだけではなく、
    スキルアップの学習や健康維持のための運動、自分が暮らす地域への貢献なども含まれ、
    それぞれの価値観に沿ったものであるべきと考えられています。

    なお、「ワーク・ライフ・バランス」の考え方は、
    すべての人に関わるライフプラン三領域の『生きがい』に非常に関連深いと思います。

    ライフプランの三領域

    いかがでしょう?
    あなたの働くことの意義はなんですか?

    働くことで得られるもの、働くことで得られることはたくさんあります。
    それぞれが働くことに対して、自分なりの意味づけができればいいですね。
    その前提にあるのは、そもそもの生きがいの創造なのかもしれません。

    最近、自己啓発や自己成長を高める取り組みが取り上げられていますが、
    これはマインドのナレッジ的なテクニックだと思っています。
    自分の成長は、一体だれのため何のためのものなのでしょうか?

    私が考える本当のマインドは、
    感情を揺さぶるような「満足」や「感動」や「トキメキ」や「熱意」や「愛着」などで、
    この自己の豊かな感受性がなければ、自分自身に響かないと思います。
    これが大きなモチベーション(動機付け)の原点になるのではないでしょうか。

    「ワーク・ライフ・バランス」も同様に、マニュアル通りにすれば良いのではなく、
    胸の鼓動が高鳴るようなドキドキ感と穏やかなゆったりまったりした気持ちで
    自分らしく取り組むことがポイントになると思います。

    もっと良くしたい! QOLの向上が根幹にあれば取り組みやすいですね。
    ほかでもなく、自分の人生を豊かにするためですからね♪

    スポンサーサイト
    この記事へのコメント
    517. プラスハートのけこぴ   URL  2009/04/21 23:54 [ 編集 ]
    しょうちゃん!立ち上がって拍手喝采を送りたい気分です~♪
    ほんと、おっしゃる通りですよね。

    自分の人生は自分が納得できるように描きたいと
    みんな思っているはずなのに、
    なかなか実行できない人の方が多いように思います。

    社会全体が、お互いの人生を認めあえるような、
    そういう風潮になればいいですよね~。

    518. 仙台っ子FP:ライフプランクリエーター   URL  2009/04/23 23:10 [ 編集 ]
    けこさん、ありがとうございます!

    そうそう、決して特別なことではないと思います。
    誰しもわかっていても、なかなか行動できない、
    なんてことありますね。

    >社会全体が、お互いの人生を認めあえるような、
    >そういう風潮になればいいですよね~。

    なんだかね~。自分ばかりを高めたい
    という方が多いと思いますね。
    他者を認め合うことが大切ですよね。
    他人がいて自分が成り立っているのだから。

    けこさんの熱いハートがあって、
    仙台っ子もがんばれています!! ありがとねっ♪

    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    http://okanenomajotama.blog120.fc2.com/tb.php/110-ecccafe6
    ≪ようこそ!お金のサプリへ♪≫

    仙台っ子FPしょうちゃん

    Author:仙台っ子FPしょうちゃん

    「人生やったもん勝ち!」をモットーに、よりエネルギッシュな人生を導くライフプランの必要性を伝播したいと考える。自身の経験をもとに、お金のテクニカルな使い方ではなく、お金を使う人間の感情(心理的な勘定)にスポットを当てた提唱が好き♪
    1級FP技能士で釣り師でサラリーマンでB型の私ですが、よろしく!!

    ≪お金のサプリ講座≫
    ≪おすすめ情報です♪MyベストⅢ≫
    ちょっと一息♪

    ■ 宮城の海で釣りしませんか?

    やっぱり釣りって最高!!
    男性も女性も初心者もベテランも一緒に宮城の海へ行こう♪ 釣らないと嫁と娘に食べさせるメシがない!?なんて言い訳しながら、大好きな釣りを楽しんでいます^^;


    ★おすすめ船はズバリ!啓光丸です↓★

    ~女性も大奮闘♪~楽しい釣り三昧~
    【私の出航予定表】
    啓光丸は銀鮭、マコカレイ、アイナメの大型がよく釣れて調子がいいみたい♪

    ≪最近の記事≫
    ≪お気に入りブロガーのみなさん≫
    ≪最近のコメント≫
    ≪月別アーカイブ≫

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。