せんだい・みやぎから元気ビタミン発信中♪ 仙台っ子FPです!

お金のサプリとは?
  • 最新記事のRSS

  • サイトコンセプト ホームに戻る
    スポンサーサイト

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ■住宅購入■ 早いもので購入後1年、検証と考察

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    一昨日(12月15日)に、仙台でも初雪。今年は例年よりも遅い初雪でしたね。
    雪が降って、昨年の新居への引越しを思い出しました。
    引越し当日、前日からの雪で夏タイヤでの車移動は、少しばかりヒヤヒヤものでした(^^;

    さて、今回はマンション購入・引越しから1年経過するのにあたり、
    1年前と現状とのカンジョウ(勘定と感情)比較をしながら、検討・考察していきます!

    ≪参考(ブログ内記事)≫
    ■住宅購入■ こんな不透明な時代に決断した理由
    ■住宅購入■ 心の会計に負けない家計版事業仕分け
    ■住宅購入■ 購入後に欠かせない申請手続きの留意点



    1年前に購入して良かったか?
    まず近隣のマンション事情を見れば、リーマンショック後の世界金融危機の後遺症が残り、
    1年前と全く変わらず、新築マンシュン物件が少ない状況となっています。
    このままマンションの供給がなくなれば、果たして価格は上昇するのでしょうか?

    さて、1年前から耳にしていた噂の近隣ライバル物件は、その後も計画をやめることなく、
    そのまま2つの物件の建築が進められ、具体的なプランを記載した広告も出始めています。

    気になるのは、その価格帯。4LDKでも2,000万円台の値ごろ感を打ち出す物件もあり、
    購入した3LDK物件の同階と比較しても、そうそう価格が変わらない状況です。

    少しばかり、立地的に良い分とネームバリュー的に、やられた感もありますね。
    幸いにもランニングコスト的な部分では優位感があるので、勘定的な後悔はない状況です!



    あとは住み心地ですね。実家は一軒家、就職後にアパート住まいを10年ほど経験し、
    マンション生活は初めてでしたが、快適な生活です。一軒家に比べて掃除は楽です。

    それにしても、意外と同じマンションの住民と会わないような気がします。
    現在の入居率は8割くらいですから、それ相応の人が住んでいるのに、
    1基しかエレベーターがないのに、朝晩の通勤時に誰かと同乗するのは稀ですね。



    では、本題の1年前と比較して、良かったかどうかと言えば、間違いなく良かったですね。

    今更ながら、土地の成り立ちを地元の歴史書でそこそこ追ってみると、
    なかなか由緒ある町(まち)でした。町(ちょう)でなく、まちと呼ぶ古い土地柄は、
    古くから職人の住むエリアだったようです。職人気質の私には有難い情報でした!

    気のせいか、何か今までにない感情・気持ちが沸々と芽生え始めたような気がします。
    環境の変化が心境に変化を与えたのでしょうか? それとも土地柄のパワーでしょうか?

    新居入居後は、1級ファイナンシャル・プランニング技能士合格、CFPⓇ合格(申請中)、
    転勤願いの直談判、ヘッドハント転職話、念願だった出版への挑戦等々、
    FPと仕事との相乗効果、仕事への責任と自覚が目を見張るほど変化しました。

    そして、この町で生きる覚悟が出てきて、地域の活動に参加できるようになりました。
    その活動のひとつが、20年ぶりの卓球復活、体振の取り組みです。
    いずれにしても以前のプラスマイナスゼロ思考が、プラス多めに変化しつつある現状です♪



    家は購入か賃貸か? 購入後でも客観的視点でジャッジ!
    購入と賃貸、長い目で見たときにどっちが得なのだろうか、と悩む方も少なくありません。

    購入した私の視点では、購入したことで無駄な賃貸に係る出費(ロスコスト)が減って、
    キャッシュフローが良くなったため、金利負担分を加味しても今の所はプラスの印象です。
    ローン返済後のキャッシュフローで予測しても、今後、住み続けてかかる費用を勘案しても、
    金銭的なマイナスは感じません。

    まして、老後に賃貸料を支払えるだけの老齢年金が受給できるかは見えない不安であるため、
    老齢年金に頼る収入基盤になったときを想定して、購入を選択したのです。
    旦那の死亡等で、収入がゼロになった仮定で、購入か賃貸を考えるのも一案だと考えています。



    しかし、いま賃貸が購入と並ぶ選択肢になっているのには、それなりの理由があります。

    一般的には、部屋の間取りや立地などが同じ条件の住宅でれば、
    購入した場合と賃貸し続けた場合では、ローン支払い総額と賃貸料総額はほとんど変わらないと
    思われます。購入した場合には、家が資産として残るのがメリット、反面メンテナンスや
    リフォーム代などがかかるデメリットがあると言えます。

    最近では、「家を買わないほうが幸せ」「家を持つと不利」と賃貸を選択される指向です。
    家を購入しても資産価値の上昇は期待できず、それどころか急速に価値が目減りするから。
    ローンによって人生が縛られちゃう訳ですが、ローンがなければ一体どうなのでしょうか?



    さて、賃貸という考えが浸透した理由は、バブル崩壊の苦い教訓が生かされている証拠です。

    バブル崩壊前に住宅ローンを組んで家を買ったが、家の価格と給料が下がり続ける一方で、
    住宅ローンだけが高いまま残り、何十年もその負担に苦しめられている方も少なくありません。
    しまいには、住宅ローンが払えず自宅を手放す「住宅ローン難民」が社会的な問題に。

    そんな失敗を目の当たりにして、いま家を求める人たちの考え方は多様化しているのです。
    また、最近では老後の住み替えとして、高齢者マンション等の賃貸も注目を集めています。
    マイホーム購入しか眼中にない考え方・視点は、ナンセンスかもしれませんね。



    今回、1年前との比較をテーマをもとに書き綴りましたが、1年前とあまり変わらない部分と
    大きく変わった部分があったことを感じ得ることができました。

    心の持ち様なのか、これが住宅購入の魔力なのか、それとも別の何かに引き寄せられるのか、
    良い意味で自信が持てるようになったのかもしれません。もしくは不安が減っただけかもね♪

    スポンサーサイト
    この記事へのコメント
    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    http://okanenomajotama.blog120.fc2.com/tb.php/159-7b1e4953
    ≪ようこそ!お金のサプリへ♪≫

    仙台っ子FPしょうちゃん

    Author:仙台っ子FPしょうちゃん

    「人生やったもん勝ち!」をモットーに、よりエネルギッシュな人生を導くライフプランの必要性を伝播したいと考える。自身の経験をもとに、お金のテクニカルな使い方ではなく、お金を使う人間の感情(心理的な勘定)にスポットを当てた提唱が好き♪
    1級FP技能士で釣り師でサラリーマンでB型の私ですが、よろしく!!

    ≪お金のサプリ講座≫
    ≪おすすめ情報です♪MyベストⅢ≫
    ちょっと一息♪

    ■ 宮城の海で釣りしませんか?

    やっぱり釣りって最高!!
    男性も女性も初心者もベテランも一緒に宮城の海へ行こう♪ 釣らないと嫁と娘に食べさせるメシがない!?なんて言い訳しながら、大好きな釣りを楽しんでいます^^;


    ★おすすめ船はズバリ!啓光丸です↓★

    ~女性も大奮闘♪~楽しい釣り三昧~
    【私の出航予定表】
    啓光丸は銀鮭、マコカレイ、アイナメの大型がよく釣れて調子がいいみたい♪

    ≪最近の記事≫
    ≪お気に入りブロガーのみなさん≫
    ≪最近のコメント≫
    ≪月別アーカイブ≫

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。