せんだい・みやぎから元気ビタミン発信中♪ 仙台っ子FPです!

お金のサプリとは?
  • 最新記事のRSS

  • サイトコンセプト ホームに戻る
    スポンサーサイト

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    日本でソブリン危機が起きる可能性は?

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    現在のユーロの不安定な情勢を見て、「日本は大丈夫か!?」と思う方も少ない。
    日本のソブリン危機に関して、興味深い記事を見つけた。

    だいたいの大枠の方向性がわかる内容である。本文のポイントを要約してみた。
    有識者の考えが身近にあると本当に助かりますね!
    http://diamond.jp/articles/-/14204


    日本国債の本格的な暴落は、今まで起きたことがない。

    国債暴落と金利急騰スパイラルが起きるには、
    ファンダメンタル全体が変化することが要因となるが、
    それは究極的にはインフレだ。

    それによって、日本の通貨の価値が本格的に毀損されると、
    一度上昇した金利はもう下がらなくなるが、現状はそうではない。



    デフレが続く日本でソブリン危機が起きる可能性は、
    極めて低いということになる。



    ただし、未来永劫そうだという保証はない。
    今の日本でデフレが続いている理由は、通貨高と低金利だ。
    その背景には「貯蓄過剰」がある。

    ポイントは、企業部門の超過収益が過剰に貯まっていること。
    個人金融資産の半分以上が銀行預金などを通じて国債を買い支えている
    と言われるが、実は企業がおカネを貯めこんでいる影響が大きいと思う。

    期待成長が落ち込み続けるなか、企業は投資を絞る一方、
    輸出が好調で売り上げが上がっている。
    また、新興国への生産移転などにより、労働コストも低下している。
    企業はそうした儲けを全て借金の返済に回し、投資を控え、
    莫大なキャッシュを溜め込んできた。

    本来、企業はおカネを調達して事業をやるものだが、
    この10年間、借金の返済だけに力を注いできた。
    このような状況が続けば、産業の空洞化も招きかねない。
    皮肉にも、こうした状況がソブリンリスクを食い止める原動力になっている。

    企業の資金調達需要が乏しければ、金利は低く抑えられる。
    そうなると、金融機関は預貸ギャップが広がってしまうため、
    彼らは国債の購入を続けざるを得ず、こうした状況が国債のファイナンスを
    継続させているから、日本国債は暴落しないのだ。

    しかし、もしフロー均衡の構図が変われば、金利上昇、インフレ、円安が
    連鎖的に起き、日本のソブリンリスクが本格化する可能性はある。



    逆説的に言えば、日本の期待成長が低い限り、
    ソブリンリスクは起きないということになる。




    むしろ経済が上向いたときこそ、本当の危機がやって来そうだ。

    今の日本はデフレ均衡状態にあるが故に、
    それが全ての問題にフタをしているという側面がある。
    しかし、期待成長が上がってデフレがインフレに転じれば、国内の需要が相対的に強まり、
    経常赤字につながる可能性はある。デフレからインフレへの転換は、実はかなり怖いことだ。

    日本にとって財政赤字の解消は急務となる。
    国と地方を合わせた政府の債務残高は約860兆円と、GDPの2倍に及んでいる。
    これは、欧州危機の震源地となったギリシャを上回る水準だ。
    日本は財政再建をどう進めるべきか。

    「負担の公平化」だ。これを解決しない限り、増税で財政再建を進めたとしても、
    経済がうまく回るようにはならない。

    現在明らかなのは、高齢者が受け取るおカネと若い世代が負担する
    おカネの割合とのギャップが、あまりにも大きいことだ。
    だから、若い世代はおカネを貯金し続け、なかなか消費をしようとしない。

    現役世代を直撃する所得税の増税に比べれば、まだ公平感があるとはいえ、
    この上消費税を引き上げれば、現役世代はますますおカネを使わなくなってしまうだろう。
    それよりも、多くの金融資産を持っている高齢者層に、
    もう少し負担をさせることはできないだろうか。

    高齢者の負担で理想的なのは資産課税だが、これは金融市場で資本回避を招く恐れがあり、
    現実的ではない。
    むしろ、高齢者におカネを使わせるための規制緩和や、税制優遇を行なうべきだろう。

    高齢者の最大の不安は「長生きリスク」なので、
    単に医療費をたくさん払うだけでなく、制度の安定性や持続性を担保し、
    高齢者が安心しておカネを使える環境にするべきだ。高齢者が多い街をもっと便利にして
    消費をし易くするなど、住環境の整備も必要になる。

    人口高齢化を何とか消費需要につなげてゆくような形での規制緩和と、
    世代間負担の公平を主眼とする適度な増税措置を実施してゆくべきだ。



    大変興味深い内容でした。詳細(原文)はこちらをご確認ください!
    http://diamond.jp/articles/-/14204
    スポンサーサイト
    この記事へのコメント
    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    http://okanenomajotama.blog120.fc2.com/tb.php/182-14027632
    ≪ようこそ!お金のサプリへ♪≫

    仙台っ子FPしょうちゃん

    Author:仙台っ子FPしょうちゃん

    「人生やったもん勝ち!」をモットーに、よりエネルギッシュな人生を導くライフプランの必要性を伝播したいと考える。自身の経験をもとに、お金のテクニカルな使い方ではなく、お金を使う人間の感情(心理的な勘定)にスポットを当てた提唱が好き♪
    1級FP技能士で釣り師でサラリーマンでB型の私ですが、よろしく!!

    ≪お金のサプリ講座≫
    ≪おすすめ情報です♪MyベストⅢ≫
    ちょっと一息♪

    ■ 宮城の海で釣りしませんか?

    やっぱり釣りって最高!!
    男性も女性も初心者もベテランも一緒に宮城の海へ行こう♪ 釣らないと嫁と娘に食べさせるメシがない!?なんて言い訳しながら、大好きな釣りを楽しんでいます^^;


    ★おすすめ船はズバリ!啓光丸です↓★

    ~女性も大奮闘♪~楽しい釣り三昧~
    【私の出航予定表】
    啓光丸は銀鮭、マコカレイ、アイナメの大型がよく釣れて調子がいいみたい♪

    ≪最近の記事≫
    ≪お気に入りブロガーのみなさん≫
    ≪最近のコメント≫
    ≪月別アーカイブ≫

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。