せんだい・みやぎから元気ビタミン発信中♪ 仙台っ子FPです!

お金のサプリとは?
  • 最新記事のRSS

  • サイトコンセプト ホームに戻る
    スポンサーサイト

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    世代によって異なる年金支給開始年齢の引き上げ対策

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    昨日(平成23年10月11日)の第4回社会保障審議会年金部会に関わる報道で、
    にわかに年金支給開始年齢の引き上げが現実味を増してきた気がします。

    というのも、もともと社会保障・税一体改革成案(平成23年6月30日)のときに、
    年金制度改革の中に盛り込まれていましたが、その時よりもマスメディアの取り上げ方が
    国民へ周知するかのように大袈裟になっているからです。どうなるのでしょうか?

    各マスメディアの記事を見る限り、厚労省資料そのままが多いですね。
    つまり、誰がどうなるかが分かりづらいという点です。
    そこで、今回は誰(何歳~)が関わっているかを整理します。



    厚労省(政府)案では、3つの案が出ています。
    以下は男子ベースの数値ですが、女子も同様に支給開始年齢が引き上げになる予定です。

    (1)今年57~54歳の方(1954~1957年生)の報酬比例部分(一部年金)の支給を遅らせる
     ・今年57歳(1954年生) 現行では61歳支給 ⇒改革案では62歳支給へ
     ・今年56歳(1955年生) 現行では62歳支給 ⇒改革案では63歳支給へ
     ・今年55歳(1956年生) 現行では63歳支給 ⇒改革案では64歳支給へ
     ・今年54歳(1957年生) 現行では63歳支給 ⇒改革案では65歳支給へ

    このあたりの世代は、初任給10万円前後くらいでしょうか。
    ねんきん定期便をご覧頂ければわかりますように、年金満額前の一部年金の支給額は
    個人差はありますが、年額でも10~20万円程度の方が多いはずです。
    つまり、この改正案が成立しても小遣いが減るくらいの影響しかありません。
    いかに会社に居続けられるかがポイントになります。



    (2)報酬比例部分だけでなく、基礎年金も68歳まで引き上げる
     ・今年48歳~(1963年生) 現行では65歳支給 ⇒改革案では66歳支給へ
     ・今年46歳~(1965年生) 現行では65歳支給 ⇒改革案では67歳支給へ
     ・今年44歳~(1967年生) 現行では65歳支給 ⇒改革案では68歳支給へ

    もともと満額の年金が65歳からもらえる上記の年齢ですが、今年48歳の方から
    年齢を引き上げていき、68歳支給の到着地点が示されています。
    この世代の方であれば、会社に居続けることを考えるか、はたまた独立する選択肢も
    十分に考えられる年齢です。まずは現行スキルを棚卸してみましょう。



    (3)報酬比例部分(一部年金)の支給を遅らせ、満額を68歳まで引き上げる(1)+(2)
     ・今年55歳(1956年生) 現行では63歳支給 ⇒改革案では64歳支給へ
     ・今年54歳(1957年生) 現行では63歳支給 ⇒改革案では65歳支給へ
     ・今年53歳(1958年生) 現行では63歳支給 ⇒改革案では66歳支給へ
     ・今年52歳(1959年生) 現行では64歳支給 ⇒改革案では67歳支給へ
     ・今年51歳(1960年生) 現行では64歳支給 ⇒改革案では68歳支給へ

    (1)の世代同様に、小遣い程度にしかならない報酬比例部分の支給がなくなるうえ、
    1958年生まれからは、支給開始年齢が段階的に引き上げになっていくため、
    労働して収入を増やすほかありません。




    3つに共通して言える重要なこと
    労働と年金受給の期間にブランクがある無収入期間をどう備えるか
    ということです。

    個人年金や貯蓄でカバーできれば安心ですが、住宅ローンの返済や教育費が重れば
    火の車となりやすいため、特に注意が必要です。

    当然ですが、ここに触れられていない40代前半・30代・20代は、68歳ではなく、
    年金支給開始年齢70歳という大台になる可能性があります。


    雇用延長として、定年の引き上げも喫緊の課題となり、
    企業の運営も難航しそうです。会社があてになる補償もありません。

    不測の事態に備えるには、一定の労働力だけでなく、時間も必要です。
    労働スキルの研鑚と共に、現在・過去・未来の時間軸を考えたライフプランが
    必要となってきました。対策はいまさらではなく、いまからです。

    スポンサーサイト
    この記事へのコメント
    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    http://okanenomajotama.blog120.fc2.com/tb.php/185-a0af18ca
    ≪ようこそ!お金のサプリへ♪≫

    仙台っ子FPしょうちゃん

    Author:仙台っ子FPしょうちゃん

    「人生やったもん勝ち!」をモットーに、よりエネルギッシュな人生を導くライフプランの必要性を伝播したいと考える。自身の経験をもとに、お金のテクニカルな使い方ではなく、お金を使う人間の感情(心理的な勘定)にスポットを当てた提唱が好き♪
    1級FP技能士で釣り師でサラリーマンでB型の私ですが、よろしく!!

    ≪お金のサプリ講座≫
    ≪おすすめ情報です♪MyベストⅢ≫
    ちょっと一息♪

    ■ 宮城の海で釣りしませんか?

    やっぱり釣りって最高!!
    男性も女性も初心者もベテランも一緒に宮城の海へ行こう♪ 釣らないと嫁と娘に食べさせるメシがない!?なんて言い訳しながら、大好きな釣りを楽しんでいます^^;


    ★おすすめ船はズバリ!啓光丸です↓★

    ~女性も大奮闘♪~楽しい釣り三昧~
    【私の出航予定表】
    啓光丸は銀鮭、マコカレイ、アイナメの大型がよく釣れて調子がいいみたい♪

    ≪最近の記事≫
    ≪お気に入りブロガーのみなさん≫
    ≪最近のコメント≫
    ≪月別アーカイブ≫

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。