せんだい・みやぎから元気ビタミン発信中♪ 仙台っ子FPです!

お金のサプリとは?
  • 最新記事のRSS

  • サイトコンセプト ホームに戻る
    スポンサーサイト

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    報道では当事者以外が感じることのできなかった阪神淡路大震災

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    昨日、中国で阪神大震災クラスの地震が!
    死者は既に約1万人を超える模様。過去30年で最悪の事態となっています。

    今回は、実際に13年前の「阪神淡路大震災」をご経験された
    リックルハングさんの「震災手記」を引用しながら、
    報道では感じることができなかった地震の影響について、考えていきたいと思います。

    リックルさん! 快諾ありがとうございました。
    ひとつ1つの文字にこめられた思いを、大切に使わせていただきます。



    震災の爪あと
    大きな災害、災難は、自分が実際にその立場にならないと分かりません。
    人間って、なぜか「自分だけは大丈夫」と思っています。

    そう、他人事です。私もそうでした。
    まさか神戸に地震が来るなんて、これっぽっちも思ってませんし、
    その備えなどあるはずもありませんでした。

    小学校、中学校もすべて建て替えられました。
    もはや震災前のような、私の故郷としての面影は一切ありません。
    地震はそれほど、すべてを破壊、消滅してくれました。

    震災後のことは、13年を経た今でも思い出しますが、震災前のことはあまり思い出せない。
    それくらい震災の後が強烈であったことは言うまでもありません。



    地震の起きた瞬間
    5時46分、私たちはまだ深い眠りの中。そのときがやってきます。
    寝ぼけながらも、ハッキリと体に染み付いている、あの「ゴォォォォォー」という音。
    下から突き上げてくるような嫌な響きです・・・

    「ド・ド・ドンっ」

    と、大きく縦(垂直方向)に揺さぶられます。
    建物ごと持ち上げられて、落とされる感じが数回にわたり繰り返されたように記憶しています。

    その後、今度は激しく横(水平方向)の揺れ。長い長い揺れです。
    どうなってしまうのか・・・と思うくらい長く感じました。

    夜が明けてきました。

    部屋の中は足の踏み場もないほど、ムチャクチャになっています。
    目の前に信じられないような光景が飛び込んできます。
    マンションの前の家が前のめりに倒れています。それもひとつやふたつの家ではありません。

    全部です。

    マンションだけが、ポツンと建っています。マンションも壁が落ち、廃墟のようです。
    電柱も倒れ、壊れた家が道路をふさいでいます。
    道路が大きく波打ち、アスファルトに大きな亀裂が入っています。

    映画やテレビで見た、戦争で爆撃されたような街になっています。
    ただただ、「信じられない・・・」
    そんな気持ちだけが駆け巡り、「これは夢か?」と本当に何度も何度も思いました。

    「これは夢か?」こんな気持ちとはまさに、このことを言うのだろうと感じました。



    地震直後の状態
    地震と分かったところで、何をしたらいいのか、さっぱり分からないのです。
    とにかく、どこに行っても家が全部潰れているのです。

    「絶対死者が出ている」

    「安全な場所なんてあるのか・・・」


    そうです。まずは寒さをいかにして凌ぐかです。真冬の公園。
    寒さ対策をしなければ、いくら都会の神戸でも耐えられません。
    服を着込めるだけ着込み、布団や毛布はすべてテントの中に敷き詰めました。

    寒さ対策を完了したら、次は食料の確保です。
    冷蔵庫から調理なしで食べられる食材を取り出し、避難場所の公園へせっせと運びました。
    たしかもうお昼をまわっていたと思うのですが、被災から朝食はおろか、昼も食べてません。

    あまりの異常事態に、お腹がすかないのです。

    完全に倒壊した家や、火災で焼失してしまった家では、生活資材を取り出すことができません。
    まさに着の身着のままでの避難生活を余儀なくされてしまうのです。
    そんな人はいくらでもいました。



    震災によるストレス
    震災は「衣食住」だけでなく、
    「排出」も人間の最も根源的な欲求であることを思い知りました。

    3日目になってくると、避難生活の慣れと救援物資の充実とともに、
    「身体の疲労」「精神的なストレス」を感じ、
    今後の見通しが見えない不安が強いストレスとなりました。

    地震や大規模災害にあったことのない方に、
    「死があふれている街」と言っても想像できないと思います。
    死がそこらじゅうに点在する状況が長く続くと、人間の感覚はおかしくなってきます。

    そして、自分も死ぬんじゃないか?
    こんなに多くの人が死んでるんだから、自分もいつ死んでもおかしくない、
    という恐怖の連鎖が発生します。
    特に希望を無くした老人の方は、「もう死んでもいい」と口にしてしまいます。

    あちこちで、こんな人間の心理が渦巻くと、街全体がどうなるか?
    それが、「死があふれた街」なのです。

    被災後、3日目の頃から”恐怖の連鎖”はエスカレートすることになりました。

    避難所で亡くなる人の噂。避難所に入れず、車で寝泊りしている人が突然死する噂。
    もっと大きな地震が来る噂。コンビナートにガス漏れが発生していて、大爆発が起きる噂。
    道が途切れ、橋が落ち、通れる道は大渋滞で、神戸からは脱出できないという噂。

    人々の不安は、更なる不安をあおり、恐怖と絶望が街全体を覆っていました。



    震災の二次被害
    救援物資などが充実してくると、
    身の安全が確保され、これまで話してきたような衛生的な問題以外に、
    当人以外誰も解決してくれない「金銭的な問題」が多くの人の肩に重くのしかかり、
    メンタル面を病んでいくことになります。

    車での避難生活は大きなリスクを伴いました。
    車で避難生活をしていた人に「急死する人」が出始めたのです。
    いわゆる”エコノミークラス症候群”です。

    せっかく震災で助かったのに、避難生活で亡くなる・・・
    ”死”があふれているとは言え、5日目を過ぎ、そろそろ恐怖の連鎖から解放されたい時期に、
    このような噂は、車で生活している人を怯えさせました。

    震災の被害者には、人間だけでなく多くのペットも多く含まれています。
    深刻になり始める震災の二次的な後遺症・・・「心のキズ」です。
    しかし、先の見えない不安が長く続くと、いくら強い人間でも、その精神力は弱ってきます。




    ほんの一部に過ぎませんが、報道では感じることのできなかった阪神淡路大震災のことを、
    リックルハングさんの震災手記によって、感じることができました。
    また、震災がもたらした唯一の良かったものとして語り継がれる「助け合い」の精神に
    胸が熱くなる思いを幾度も感じました。

    すべては、リックルハングさんの「震災手記」をご確認ください。
    本当の震災を感じていただけると思います。

    私は、地震が何を意味するか、地学的なことも知らずに書いていますが、
    地震に限らず、災害に関してファイナンシャルプランナーが、
    アドバイスできることもあるはず。そしてFPにしかできないこともあるかもしれません。

    そんな思いで、「FPとして災害対策を考える」ことをテーマに
    次回まとめていきたいと思います。乞うご期待♪


    (追伸)
    リックルハングさん、本当にありがとうございました。
    今後とも宜しくお願い致します。
    スポンサーサイト
    この記事へのコメント
    267. lisho   URL  2008/05/13 20:15 [ 編集 ]
    しょうちゃんこんばんは。
    中国の地震、今も生き埋めになってる人がいると思うと苦しいですね。
    何故か他人事のように感じてします大参事。
    自分の身に訪れた時どうするか・・・・。
    体験者のお話は、人ごととは思えないほどリアルです。
    非常食などは以前買ったものの、
    1年過ぎたらすぐ出せるところにないかも・・・・・。
    危機管理は大事ですね。
    268. takatakago   URL  2008/05/13 20:22 [ 編集 ]
    考えさせられます・・。
    人間は極限状態に陥ると、
    感覚がおかしくなる・・。

    しに直面した際、スローモーションに感じたり、
    走馬灯のように記憶のフラッシュバックが起こるのもその一環なのかもしれません。

    危機管理・・。
    実体験された方からの言葉は
    非常に重みがあります。

    大変勉強になりました。
    269. ジェイ   URL  2008/05/13 20:24 [ 編集 ]
    しょうちゃんさん、こんばんは。

    私は京都に住んでいて、あの震災の揺れは体感しましたし、
    会社につくとビルにヒビが入り、フロアの棚が倒れ、
    書類が散乱していました。

    それだけでも、大変なことが起きたと思っていましたが、
    神戸周辺は、想像をはるかに超える事態でした。

    改めて、リックルハングさんの手記を見て、災害の
    恐ろしさを二次的なものも含めて感じます。

    生きている間に、かなり高い確率で再び、起きる
    ことでしょう。
    物理的・精神的備えをしっかりと行っていきたいと
    思います。

    次回の、「FPとして災害対策を考える」も
    楽しみにしています。
    270. アナタを180倍ハッピーにするぱぱ☆きんぐ   URL  2008/05/13 22:15 [ 編集 ]
    こんばんは!

    ワタシはあの時、当時遠距離恋愛をしていた
    大阪の彼女の家にいました。

    すごくゆれたのでびっくりしたのですが、
    朝テレビを見ると凄惨な神戸の光景が…。

    いてもたってもいれなくなり
    彼女と2人で車いっぱいの水をつんで
    神戸に行ったことを思い出しました…。

    何かしてあげたい…
    そんな思いでいっぱいでした。

    被災された中国の人たちのために
    出来ることしていきたいですね・・・

    応援ぽちっと!
    271. リックルハング   URL  2008/05/14 00:00 [ 編集 ]
    中国で悲しいことになってますね。。
    怯える人生は送りたくありませんが、あんなの見ると怖いですよ、やっぱり(泣

    自分の手記ですケド、しょうちゃんにうまくプロデュースしてもらって、読んでいると、なんかしんみりしちゃいました。。。
    素敵なご紹介ありがとうございました!
    272. けこぴです   URL  2008/05/14 01:19 [ 編集 ]
    世界のあちこちが荒れていますね。

    なんだか不安になっちゃいますが、
    自分にできることは何かを常に考えて
    行動していきたいと思います。



    273. 優希   URL  2008/05/15 11:20 [ 編集 ]
    こんにちわ!
    震災は経験した人しかその恐怖はわかんないって
    思ってたけど流石しょうちゃんですね~

    中国の地震についても凄く悲しいです。
    ブログに書くことで、
    みんながいい方向にいけたらって思います。

    「FPとして災害対策を考える」
    期待してます!
    いつも39!
    274. 仙台っ子FPしょうちゃん   URL  2008/05/15 20:29 [ 編集 ]
    みなさん、コメントありがとうございます。
    (ほんと、リックルさんに感謝です♪)


    ◆lishoさん!
    中国の地震、かなり深刻ですね・・・。
    確かに他国となると、
    何故か他人事のように感じてしまいますね。

    体験者のお話は、すごいリアルですよね!
    非常食を買っているなんて、
    それだけでもすごいですよ!
    真剣に考えていきたいですね♪


    ◆takaさん!
    人間が極限状態に陥って、
    どうなるかなかなか想像できませんね・・・。

    走馬灯のように記憶のフラッシュバックが起こる
    よく聞きますね。本当にあるのでしょうね。。

    危機管理を考えるうえで、実体験の方の言葉は
    本当に非常に重みがあります。
    共有いただき、ありがとうございます。


    ◆ジェイさん!
    ジェイさんは京都で体験ですか。
    想像をはるかに超える事態と思われる感じから、
    まさかと思われたのですね。

    災害の恐ろしさは二次的にも広がる・・・
    手記で痛感したことです。
    物理的・精神的備えは大切ですね。


    ◆ぱぱ☆きんぐさん!
    ぱぱ☆きんぐさんは大阪でしたか。
    大阪でも、すごくゆれたんですね。

    >いてもたってもいれなくなり
    >彼女と2人で車いっぱいの水をつんで
    >神戸に行ったことを思い出しました…。
    >何かしてあげたい…
    >そんな思いでいっぱいでした。
    さすがですね。なかなかできないことです。

    私もぱぱ☆きんぐさんのように
    行動できる人間になりたいです!


    ◆リックルハングさん!
    リックルさんの手記、本当にインパクトがありました。
    読んでいるうち、感銘して何度も涙しました。
    たいへんな思いをされたのに、本当にあそこまで
    手記として残されて、つらかったと思います。

    今こうして、リックルさんに出会えたことを
    改めて感謝しています!
    本当にありがとうございます。


    ◆けこぴさん!
    確かに、不安になるけど、自分にできることを
    しっかり考えて行動していけば大丈夫ですよね。
    地震に限らず、災害への対策って
    わかっていても、なかなかできないのが現状ですね。


    ◆優希さん!
    震災はリックルさんの手記で疑似体験したつもりですが、
    なかなか音までは想像がつかなかったところ。

    でも、実は昨日、かなりデカイ雷を聞いて
    自然の発する独特の轟音に似ているのかなと
    ふと感じました。

    中国の地震、チベットの近く。
    なにか意味深な気もします。
    ある予言の方が当ててたのが、一番怖いですね!

    ******************

    まずは、なかなか見る機会がないけど、
    ヒキガエルが大移動したら危険信号です。

    動物は敏感です。その信号を感じましょう!

    次回「FPとして災害対策を考える」
    少しまとめきれない内容ですが、
    シンプルに伝えていければと思います。

    みなさん、本当にありがとう♪
    275. けこぴです   URL  2008/05/16 00:43 [ 編集 ]
    こちらにコメントしていいかなぁ・・・

    読み聞かせのお話、記事にしましたよ~^^
    276. 仙台っ子FPしょうちゃん   URL  2008/05/16 01:13 [ 編集 ]
    ◆けこさん♪
    早速、ありがとね!
    けこさんとこの暖かさ、感じたヨ~。
    今度は笑いの文化教えてね。
    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    http://okanenomajotama.blog120.fc2.com/tb.php/61-e6686240
    ≪ようこそ!お金のサプリへ♪≫

    Author:仙台っ子FPしょうちゃん

    「人生やったもん勝ち!」をモットーに、よりエネルギッシュな人生を導くライフプランの必要性を伝播したいと考える。自身の経験をもとに、お金のテクニカルな使い方ではなく、お金を使う人間の感情(心理的な勘定)にスポットを当てた提唱が好き♪
    1級FP技能士で釣り師でサラリーマンでB型の私ですが、よろしく!!

    ≪お金のサプリ講座≫
    ≪おすすめ情報です♪MyベストⅢ≫
    ちょっと一息♪

    ■ 宮城の海で釣りしませんか?

    やっぱり釣りって最高!!
    男性も女性も初心者もベテランも一緒に宮城の海へ行こう♪ 釣らないと嫁と娘に食べさせるメシがない!?なんて言い訳しながら、大好きな釣りを楽しんでいます^^;


    ★おすすめ船はズバリ!啓光丸です↓★

    ~女性も大奮闘♪~楽しい釣り三昧~
    【私の出航予定表】
    啓光丸は銀鮭、マコカレイ、アイナメの大型がよく釣れて調子がいいみたい♪

    ≪最近の記事≫
    ≪お気に入りブロガーのみなさん≫
    ≪最近のコメント≫
    ≪月別アーカイブ≫

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。