せんだい・みやぎから元気ビタミン発信中♪ 仙台っ子FPです!

お金のサプリとは?
  • 最新記事のRSS

  • サイトコンセプト ホームに戻る
    スポンサーサイト

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    災害対策を考える ?仙台っ子FPとして、人間として?

    ブログ村 宮城登録中です! みなさんのワンポチに支えられています♪ いつもありがとうございます。

    なにより大切なことは、
    いますぐ始めることです。予期せぬ災害が厳しい現実を引き起こす前に・・・

    13年前の「阪神・淡路大震災」、最近の中国「四川大震災」。
    大きな被害をもたらしました。
    そして、今月ここ宮城に被害をもたらした「岩手・宮城内陸地震」。
    300mも移動した山の報道を見るたびに、地震の恐ろしさ、自然のパワーを感じます。


    だれもが予期せぬ出来事・・・
    それに対し、ここ宮城では、
    ほぼ100%の確率で「宮城県沖地震」が来ると言われています。

    対策は果たして万全か?考えた場合、残念ながら私は「 No! 」
    一応は、地震が起きた場合に、家から持って出掛けるリュックは準備。
    それは、自宅で起きた場合のみに有効でしかありません。



    それでは、何をしておけば良いのか?
    幸いなことに、国(官)が行なう災害支援は、非常にしっかりしていると思います。
    公共設備・避難所の整備、道路やライフラインの確保など、さすが日本です。
    こういうときに、税金が役に立っていると感じます。

    万一、災害が起きた場合、当たり前のことですが、
    まず、「安全の確保をすることが一番大切」と言えるのではないでしょうか?



    どうやって安全を確保するか?
    突然、地震が起きてしまえば、
    総理大臣だろうと、社長であろうと、フリーターであろうと、
    誰しもが、同じ状況に置かれてしまいます。

    危険な落下物から身を守るため、
    屋内であれば机の下、屋外であれば耐震構造の確かな建築物の中。
    そもそも住宅が崩壊してしまえば、どうにもならないこともあります。



    それでは、次に「地震が来て何が困るか」を考えてみましょう!
    これは、何を準備すれば良いか!ヒントになります。



    何がなくなると困るか?
    当然、いのちを守る必要があります! 生命力も必要ですね。
    「生き抜くチカラ」とでも言うのでしょうか。
    地震から身を守ることができても、その後に生きていかなければなりません。

    生活を守ることも重要ですね!
    この点は、前に書いた官の災害支援に助けられるでしょう。
    しかし、最低限の生活を強いられることになる場合も。
    普段から親戚付き合いは大切かもしれません。

    そして、生活の次は、暮らしの再建が必要ですね。
    地震後に家を失い、ローンだけが残ってしまえば・・・
    ある程度の官の支援もありますが、この点も要注意です。
    各自治体の助成制度もフル活用しないと。

    持論になりますが、どうしても住宅にはリスクを感じます。
    家を持つことは、夢とリスクが表裏一体となっている気がします。
    金融リスク以上に、住宅リスクの方があるように思えてなりません。
    (私だけでしょうか?)



    少し、脱線しましたので、戻ります!
    えーと、次は「事前準備について」考えていきましょう♪



    身の回りに危険なものを補強しよう!
    30年前の宮城県沖地震で大きな被害をもたらした「ブロック塀」。
    しっかり補強していますか? いつまでも直さないままですか?

    今回の岩手・宮城内陸地震でも被害が多かった「食器棚等」。
    高いグラスから壊れていませんか? 転倒防止器具は取り付けていますか?

    今回の地震でもあった、オフィスやホテルなどの外ガラスが飛び散る被害。
    他人の身を危険にさらす気ですか? 飛散防止フィルムで対策できますよ!



    家族の身を考えてみよう!
    普段、日中はサラリーマンなので会社にいます。
    大地震が起きて、連絡がつかない状態になった場合・・・。とっても不安です!

    そこで、連絡がとれない場合に、
    「○○公園か、○○小学校で待ち合わせ」することにしています。
    自宅からも妻の実家からも近い場所を選びました。

    最近の災害伝言ダイヤル(171)も活用できそうです。
    「いない=171」とすぐに連想してこのダイヤルの存在を思い出しましょう!
    しかし、携帯の機能に頼りっぱなしで、電話番号を覚えていないと
    このサービスは使えないので、しっかり家族の番号くらいは覚えておかないとね^^;



    自分の財産は自分で守る(自己責任)
    万一、公的な支援を受ける場合、「罹災証明書」を発行してもらい、
    自分で申請しなければなりません。だれかがやってくれる訳ではありません。

    そして、最も重要なのが通帳やカード・保険証券等を失った場合。
    情けない話ですが、「どこになんぼあった?」なんてなりそうです・・・。
    普段から財産目録を管理しておきたいとところです!

    どうやって管理をすれば良いか考えた場合、
    タイムカプセルのように埋め込む?(いったいどこへ埋める?)も考えました。
    USBでデータで持ち歩く?(紛失したらヤバイだろ!)も考えました。
    一般論ですが、「しっかり家族へメッセージ(メモ)」して置くのが良いようです。

    これって実は、自分が死んだ場合も同じなんです。
    残された遺族がわからない財産になっては困りますね。
    普段から財産管理は、ちゃんと家族で共有しておく必要があります。
    連絡先も明記したものがあれば、自分も家族も少しは安心ですね!

    それと、被害にあった場合、家財保険に加入していれば、
    保険金がおりる場合もあります。
    保険加入時に、家具や装飾品などの家財被害を示すには
    カメラやビデオが有効と言われています。罹災証明も同様です。

    とは言っても、いざ災害が起きてしまえば、
    カメラを撮るくらい冷静でいられる訳はないと思います。
    ただ、すぐにできなくてもやるべきことのひとつとして、
    知っているのと知らないのでは、大きいと思います。



    助け合いの大切さ
    四川大地震の映像で、食料を奪い合うかのような光景が・・・。
    マズローの欲求5段階説」の生理的欲求と安全の欲求が満たされ、
    自分だけが助かりたいという社会的欲求が欠けた結果でしょうか?

    人間はひとりでは生きられる生き物ではありません。
    阪神大震災を乗り越えて、復興した神戸の姿を思い浮かべてみてください。
    時間と共に復興させた人間の持つ英知に感動を覚えました。
    本当に大震災があったの?と思える街並みでした。

    人間は、困難なときほど、助け合いの絆は強くなると思います。
    これって、何も災害のときだけじゃないですよね?
    日常の生活、仕事もそう。普段から心がけていきたいですね。
    私自身、こういう意識を無意識で行動できる人間でありたいです。


    ****************************************************************


     以前から自分自身への課題にしていたテーマの地震について、
     3回に渡って綴りました。

     ■第一弾
     「いつかは来る!宮城県沖地震に備えるには!

     ■第二弾
     「報道では当事者以外が感じることのできなかった阪神淡路大震災

     そして、今回の第三弾で、
     地震に対する考え方が私自身少し変わった気がします。

     これも第二弾でご紹介したリックルハングさんの震災手記のおかげです。
     改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございます。
     
     期待ハズレの内容と思われた方もいるはず。
     それもそのはず。経験者ではない私の考えですから、ご容赦ください。

     ちなみに、今回は日本ファイナンシャルプランナーズ協会の発行する
     「生活防衛のための災害対策ガイドブック」を参考にしています。

     お近くのFP協会事務所にて手に入れることができますので、
     興味がある方は、こちらより各県の窓口へお問い合わせくださいね♪
     

    ****************************************************************
    スポンサーサイト
    この記事へのコメント
    297. アナタを180倍ハッピーにするぱぱ☆きんぐ   URL  2008/06/19 23:52 [ 編集 ]
    こんばんは!

    本当にいろいろなことを考えさせられます。
    自分があの地震の中にいたら
    自分があの地震で被害にあっていたら
    自分があの地震の中で家族をまもれるのか

    何がおこってもおかしくない
    世の中、常にいろいろなことに準備して
    おく必要があることを痛感しています。

    応援ぽちっと!
    298. けこぴです   URL  2008/06/20 00:37 [ 編集 ]
    しょうちゃん、こんばんは。

    日本にいる限り、いつどこで大地震にあたっても
    不思議じゃないですもんね。

    対策だけは、怠らないようにしないとと思います。

    防災グッズ、また中身を確認しておかなきゃ!
    299. リックルハング   URL  2008/06/20 14:40 [ 編集 ]
    家は夢とリスクが表裏一体・・・
    ほんとそうだと思います。
    家を買うとき、誰もが「夢」しか描きません。
    天災により家がなくなり、ローンが残るリスク。これは必ず考えておく必要があります。
    でもこれは経験した人以外、考えている人少ないですよ。。。ボクも家づくりブログの時代はいつもこれ書いてました。

    あと、そういった金融リスク以外に、家は「人生」をかぶらせる存在ですから、地震で家が倒壊すると、精神的ダメージが大きいんですよね。。
    愛着のある家の取り壊し現場を見て、涙する人が多いくらいですから、地震で一瞬にして家を失うと、心を病む人が多いんです。。

    いすれにしても、何が起きても自分や家族を守るために、考えられる範囲で備えることは、もはや当たり前のこととして取り組まないといけませんよね。
    300. lisho   URL  2008/06/20 15:35 [ 編集 ]
    しょうちゃんさん、心配しておりました~。
    今何をするか・・・・。
    まず落下防止や棚の補強、我が家も対策要です・・・。
    いざという時のための打合せも必須ですよね。
    301. ジェイ   URL  2008/06/20 17:30 [ 編集 ]
    しょうちゃんさん、こんばんは。

    すごく参考になります。

    私の防災対策の準備・イメージ、まだまだ足りない
    ところだらけです。

    改めて、考え直したいと思います。
    302. 仙台っ子FPしょうちゃん   URL  2008/06/20 19:32 [ 編集 ]
    みなさん、いつもありがとうございます。
    地震は、どうしてもネガティブに考えがちになりますね。
    ポジティブに考える側面も、これから考えていきたいです♪


    ◆ぱぱ☆きんぐさん!
    本当にそうですね。
    まさか自分が当事者になるなんて、
    なかなか考えにくいことですよね。
    自分の身にも起こり得ると思えれば、
    最初の第一歩が踏み出せるのでしょうね!


    ◆けこぴさん!
    日本にいる限り、いつどこで大地震にあたっても
    不思議じゃないと考えると、
    昔よりも科学が進み、情報浸透した証拠かもしれませんね。
    防災グッズって用意していても使えないとネ!
    うちもちゃんと見直さないと^^;


    ◆リックルハングさん!
    リックルさんの家づくりブログは、
    以前、拝見させていただきましたが、
    家を建てるときの最強マニュアルですよ!

    リスクを恐れて家を買わないのを
    選択する人もいるかもしれませんが、
    大切なのは、人生・生き方ですね♪

    ローンを苦痛に感じれば、もともこもないけど、
    家を持つことで、より良い暮らしが実現できる
    ことが大事ですね!
    家とお金・・・。似ている部分おおいね。
    すべては使う人間次第なんでしょうね♪


    ◆lishoさん!
    元気でしたか? ご無沙汰していました!
    ご連絡遅れてしまい、ごめんなさい。

    いやいやぁ~、こんなこと書いているう自分が、
    『いつかやろう!』と思っても取り掛かれない。
    心のどこかで『なんとかなるさっ』と思うこともあります。
    人間ってどこか甘えん坊なのかな?
    こんな私が見えたら、しかってくださいね!


    ◆ジェイさん!
    ジェイさんの心に響きわたるブログには
    本当に参考になっています。助けられています。

    地震シリーズのブログは皆が感じていることだけで
    新たな気づきは少ない内容かもしれません。
    考えるキッカケを発信していくだけで精一杯です♪
    303. 優希   URL  2008/06/21 07:58 [ 編集 ]
    しょうちゃん!おはようございます!
    これで、地震3部作終了かな?
    かなり、力の入った作品で
    そのまま、転用できそうですね!

    多くの方が地震が来た時
    生活がどう変わるか?を
    事前に知っておくことで
    不安が解消されるでしょうね~

    そして、『転ばぬ先の杖』として
    対策がとれたなら
    地震後でも心を失わずに済むと思います。

    いいお話39!でした!!
    304.      2008/06/22 18:29 [ 編集 ]
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    305. 仙台っ子FPしょうちゃん   URL  2008/06/26 12:23 [ 編集 ]
    ◆優希さん!
    そうですね。地震シリーズ完了かな。
    地震の歴史を知ると、改めて日本は地震大国だと思いました。
    こういうのって小学校の頃、教えてもらったのかな?
    地震が怖いということは刷り込まれていても、
    地震の被害による後遺症まで、深堀されていない
    ような気がします。

    起きてしまえば過去のもの。
    過去の経験や教訓をいかに活かすかが
    人間の英知なんでしょうね。
    地震に限らず、なんでもそうですね。
    文化をつなぐ、そして発展させる使命が
    わたしたちに与えられているのかもしれません。

    このへん、ブログで改めてまとめてみたいですね♪
    いつも39!
    306. 優希   URL  2008/06/27 10:29 [ 編集 ]
    素敵なプレゼントが届きました!
    実はしょうちゃんの経営理念への
    内緒コメントが初めて本気になったきっかけなんです。
    不安だった起業に自信がつき
    頑張れるようになりました!

    いつも39!
    ありがとう!!
    307. 仙台っ子FPしょうちゃん   URL  2008/06/27 12:10 [ 編集 ]
    ◆優希さん!
    ありがとう。また内緒コメントするね♪
    自分も本気になれた瞬間を、
    ピッピッ!と体感しましたよ。
    308.      2008/06/29 22:02 [ 編集 ]
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    http://okanenomajotama.blog120.fc2.com/tb.php/66-f0f02699
    ≪ようこそ!お金のサプリへ♪≫

    仙台っ子FPしょうちゃん

    Author:仙台っ子FPしょうちゃん

    「人生やったもん勝ち!」をモットーに、よりエネルギッシュな人生を導くライフプランの必要性を伝播したいと考える。自身の経験をもとに、お金のテクニカルな使い方ではなく、お金を使う人間の感情(心理的な勘定)にスポットを当てた提唱が好き♪
    1級FP技能士で釣り師でサラリーマンでB型の私ですが、よろしく!!

    ≪お金のサプリ講座≫
    ≪おすすめ情報です♪MyベストⅢ≫
    ちょっと一息♪

    ■ 宮城の海で釣りしませんか?

    やっぱり釣りって最高!!
    男性も女性も初心者もベテランも一緒に宮城の海へ行こう♪ 釣らないと嫁と娘に食べさせるメシがない!?なんて言い訳しながら、大好きな釣りを楽しんでいます^^;


    ★おすすめ船はズバリ!啓光丸です↓★

    ~女性も大奮闘♪~楽しい釣り三昧~
    【私の出航予定表】
    啓光丸は銀鮭、マコカレイ、アイナメの大型がよく釣れて調子がいいみたい♪

    ≪最近の記事≫
    ≪お気に入りブロガーのみなさん≫
    ≪最近のコメント≫
    ≪月別アーカイブ≫

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。